So-net無料ブログ作成

リュウズキの有馬記念

競馬にのめり込むきっかけになったのが、昭和43年の有馬記念だった。
その2週間ほど前に「3億円事件」が起きていた。

その年、ぼくは大学を卒業して銀座にある広告代理店に入社したばかりで、初任給が3万2千円ほどだった。
有馬記念の配当は、リュウズキ×ニウオンワード(枠連7-8)で3030円だった。
当時、馬券は200円、500円、1000円(特券)で、ぼくは後楽園場外の穴場をまわって、リュウズキからの200円の流し馬券を5枚ほど買ったのだった(当時は、1-1、1-2、1-3というように、枠連を買える穴場がそれぞれ独立しており、自分が買う馬券は各穴場をまわって買わなければならず、締切に間に合わないことも往々にしてあった)。
そのうちの1枚が当たって、配当は3030×2=6060円。月給の5分の1程度になった。
いまの大卒の初任給が20万円くらいだとすると、約4万円くらいの価値になるのだろうか。
競馬初心者としては、ずいぶん多額の臨時収入を得たような気分になった。
それがきっかけになって、JRAとの果てしない闘いの旅が始まるわけだが、それがまさか、40年も続くとは思ってもいなかった。

おかげさまで、この秋、つたない馬券戦術の本が出ることになった。
毎週の「Z馬」の動向も含めて、競馬に関するもろもろのことを書き連ねていきたいと思う。 
                                 
                                            久保川 真


オッズで見抜く爆走パターン「Z馬」を探せ!

オッズで見抜く爆走パターン「Z馬」を探せ!

  • 作者: 久保川 真
  • 出版社/メーカー: 総和社
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

リュウズキとは懐かしいわ

当時
千葉県流山市江戸川台の○○ハイツに住んでました
隣にまとい寿し、その隣に中華料理屋さんがありました

そのお店には口取りをしている
店主のパネルが壁に掛けてありました

それが有馬記念のリュウズキでした

若かった私は妙に興奮した事を覚えています

ある年のダービー
その店主から
サンダイモンの複勝1000円を頼まれ
千数百円付けたのも合わせて思い出しました

荒れから40年近く経ちますか?
それにしても
ひさしぶりに、当時を思い出さされた
リユウズキという名でした

by リュウズキとは懐かしいわ (2008-10-06 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。