So-net無料ブログ作成

競馬論を語る人、馬券論を語る人

きょうは、私の「ウマトモ」である二人のことを書こうと思う。
私のお気に入りブログ、このページの左下)にある「読んでいるブログ」の中にあるお二人である。

有馬さんは、拙書「Z馬を探せ!」を読んで、私のブログに来てくださった。
だから、お逢いしたことはない。
私と同じように、オッズの考察から入るのだが、「RFC理論」という独自の馬券戦術を開発し、飛ぶ鳥を落とす勢いで馬券を的中させている(ブログを読めばわかる)。
きょう馬券論と競馬論について書こうと思ったのは、有馬さんが、昨日のブログに次のように書いていたからだ。
「馬券論を語る人は多いけれど、馬券術を語る人は少ない」と。
それはそうであろう。
馬券戦術は百人百様でどんな方法があってもいいが、「馬券術」というからには、まず自分勝手のご都合主義でなく、使い古されたものでなく、独自のオリジナリティがなくてはならない。
新しい情報があり、リアリティがあり、説得力があり・・・・とこのあたり、優秀なノンフィクション作品の条件に似ている。
そして、いちばん肝心なことなのだが、少しは儲からなければならない。
そういう意味で、有馬さんは数十年間で培われた独自の馬券論と技術を持っていて、敬服に値する。
だから「競馬論を語る人多し、馬券論を語る人少なし」という言葉に説得力があるのだ。
(ただ、有馬さんのRFC法は、少しの技術と、かなりの競馬経験と、勘と、センスが必要なので、付け焼き刃で参加しようとすると火傷を負うかもしれない)。

有馬さんの対極にいるのが「落ち込まない馬券術」の「バー・JAZZY」のマスターである。
彼は、日本橋馬喰町のジャズバー「JAZZY」のオーナーである。
競馬歴40年。どうも、商売よりも競馬の方が好きなようだ。
彼のブログを読んでみればわかるが、タイトルでは「馬券術」をうたっているが、じつは「競馬論」なのである。
血統、レース展開、ハンディ・・・・競馬検討に必要なあらゆる要素を持ち込んで多角的に考察する。
最近は「レイティング」を使った新たな切り口を見つけ出したようだ。
とにかくよく調べる。
そして、よく記憶している(昼間は競馬のことばかり考えているのではないか)。
そして、競馬場に行けば徹底したパドック派である(オッズなんか見向きもしない)。
1週間かけてブログで出走馬の比較検討を進めていって、レースの1~2日前にピタリと勝ち馬をしぼり込んでしまうのだから恐れ入る(もちろん、百発百中ではない)。
察するに、彼は「競馬で儲けよう」などと微塵も考えていないのではないか。
有馬さんがいうように、「競馬はおもしろい。配当を手にすればもっとおもしろい」。
やるからにはプラスになった方がいいに決まっている。
しかし、マスターは儲けようなどと思っていない(はずだ)。
勝ち馬推理のプロセスを楽しんでいるのだ。
そういう楽しみ方も、あると思う。
しかし彼のようなスタンスを保ちながら、競馬に立ち向かう人は少ないのではないか。
競馬論を語る人は多い。
しかし、彼の競馬論には太い筋金が入っている。じつに敬服に値する。

とまあ、たまにトモダチをほめるのもいい気持だなあ(と、少し筆がすべってしまった。おふたりともごめんなさい)。
そういうおまえは何なんだ・・・・そういわれないように、競馬論にも馬券論にもますます磨きをかけたいと思う。

二人のブログは、このページ左下の私が「読んでいるブログ」からアクセスしてみてください。



にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 1

有馬学

今晩は。有馬学です。恐れ入ってます。ちょっと褒めすぎ(笑)、でしょ。
先生もJAZZYさんも同じ馬仲間、これからも前向きに競馬道と馬券道を目指していきましょう。ありがとうございました。
by 有馬学 (2009-01-14 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。