So-net無料ブログ作成
検索選択

A枠・・こんな「代役」あり?!

Z馬が「A枠(1番人気の枠)」に同居したとき、「代役」「ぞろ目」があると再三指摘している。
昨日は、同じA枠でも、馬主がらみの、面白い代役シーンがあった。

阪神11R「ポラリスS」は、Z馬のファリダットが2着に入ったのだが、この馬は1番人気だったアルゴリズムの馬主である前田幸治氏の馬。
そして、アルゴリズムが消えて、人気のない方のファリダットが激走した。

阪神12Rでは、社台レースホースのメーディアが1番人気だったが、この馬が消えて、同じ枠のトウカイファミリーが2着。
そして、勝ったのは、同じ社台レースホースのペパーミントラヴだった。

この2つのレース、「A枠の代行」なのだが、「同馬主の2頭出し」の人気薄の方が激走というパターンだったのだ。

「同馬主の2頭出しは、人気薄からいけ」とは、昔からよく言われていることなのだが、Z馬がらみで、こんなパターンで生起するとは・・・・いやはや、味なことをやってくれるなあ。
よ~く覚えておくことにしよう。

初ダートのファリダットの好走には、「え、こんなところで走るの?」といった印象だが、馬主の思惑が絡んでいたとなると、「そうか、それもありなのね」となる。

昨日は、ファリダットのほかにも「G枠」の馬の好走が目立った。

中山10R「サンシャインS」は、Z馬候補に上げたG枠のエナージバイオが3着。

中山11R、3歳牝馬戦の「アネモネS」も、人気薄ならということで20倍あたりにいる2頭を挙げたのだが、なんのことはない、パララサルーの2着に来たのは、G枠のマイネエポナだった(馬連5590円)。

中京10R「熊野特別」はG枠のタガノイノセンスが3着(発走前には20.1倍でH枠になった)。

やはり、波乱を演出するのは「G枠の馬」、G枠が来るということは、枠連も波乱になるということなのだ。
Z馬(単勝20倍前後)ならもちろん要注意だが、そうでなくても、30倍あたりにいるのなら、「G枠の馬」には注意を払っておくことにしよう。

というわけで、11時のオッズから・・・・

中山9R「両国特別」は、⑨ウッドシップがG枠のZ馬。

中山10R「東風S」は、⑥レジェトウショウ。
G枠は、23.9倍でラインブラッド。

中山11R「中山牝馬S」はハンデ戦。
意外にも? ⑩ブロードストリートがG枠のZ馬となった。
ハンデが増やされている馬は、マイネイサベル(2キロ)、イタリアンレッド(1キロ)、アプリコットフィズ(1キロ)。
マイネイサベルは、勝ってもいないのに2キロも増量されている。
1番人気のホエールキャプチャとローズSでタイム差なしの走りをしており、ホエールがこんなに人気なら・・・・という気がしてくるのだが。
エオリアンハープが21.8倍で「H枠」なので、これも注意。

中山12Rは、各枠にバランス良く散ったために、H枠でもアイアムイチバンの10.4倍。
9番人気の④プロヴィデンスでさえ14.6倍(C枠に同居)。
その次は10番人気で26.8倍のキングオブフェイスで、A枠(ホノカボーイ)に同居したので、ぞろ目、代役の可能性も考える。

阪神9R「須磨特別」は取り消しが出て12頭立てになってしまったが、ハンデ戦なので・・・。
7枠がG枠となり、9番人気のナムラボルテイジ、10番人気のカネトシパサーが同居。
2頭一緒に組み入れた「Z-Z」の馬券も考えよう。

阪神10R「江南S」は、8番人気のカネオトシコウショウが入った6枠がG枠となった。

阪神11R「フィリーズレビュー」は、9番人気⑥エイシンキンチョムがG枠。

阪神12Rは、8番人気ステラリードがA枠に同居した。

中京11R「中京スポーツ杯」のG枠は、10番人気⑬クレバーサンデーが入った7枠。
ここには11番人気で24倍のトップキングダムもいて・・・。

中京12R「熱田特別」は、③コウsモサイキックだが、C枠。

というわけで、ほとんどのレースにG枠のZ馬が存在するということになってしまったが、すべてが波乱になるわけではないので、どの馬が飛んでくるのだろうか。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。