So-net無料ブログ作成

さあ、春のG1戦線スタート!

馬場は重いけれど、晴れて空の色が明るくなり、いよいよ春のG1のスタート。

「高松宮記念」は、ロードカナロア、カレンチャンと、安田厩舎の2頭が1、2番人気になっているが、過去10年のうち5回も、8番人気以下の馬が3着以内に来ている。
という目で眺めてみると、候補は、人気がないところでベイリングボーイ、ツルマルレオン、エーシンダックマン、グランプリエンゼルなどの「オーシャンS」組ではないか(エーシンとグランプリがZ馬候補)。
相手は、阪急杯組のサンカルロとマジンプロスパーでどうだろう。

「マーチS」の方はハンデ戦で毎年荒れ模様。
過去10年のうち8番人気以下の馬が7回、7番人気以下とすると9回も3着以内に食い込んでいる。
Z馬候補は、H枠となった1枠の2頭(マイネルアワグラス、タカオノボルの佐賀記念組)と③ブルロック。
昨日も、ハンデ増量を指摘した馬(ヤマカツゴールド)が来ていたように、③トーセンアドミラル(1キロ)、⑥タガノロックオン(オープンのハンデ戦を勝っているので2キロ増)、シルクシシュナイダー(1キロ)などのハンデ増量馬には敬意を払っておこう。

阪神で、岩田が1~3レースまで3連勝と爆発。
きょう11レースに騎乗して、8レースの4番人気、10レースの6番人気以外は、ほとんどが1、2番人気の馬。
当然といえば、当然なのか、もっと勝ちそうだ。

例によって、11時の時点のオッズからのZ馬候補は・・・・

阪神9R「四国新聞杯」は、⑩セレブリティ(E枠)。
G枠は、29.9倍とぎりぎり20倍台のプリティカポレイ(前走Z馬なので注意)。

中山9R「安房特別」は、13頭立てながら⑬ホウショウアマネ(D枠)。
G枠は、28倍で単枠の①マイネルネオハート。

中京9R「三河特別」は、⑯シェラデルタが10番人気でG枠のZ馬。
ただ、1番人気の①アフォードの同枠に11番人気の②オレンジティアラが同居。
例によって、ゾロ目、代役、A-Z-Zのパターンにも注意。

阪神10R「心斎橋S」も、1枠のA馬ワイズリーに10番人気のブラーニーストーンが同居。ゾロ目、代役の可能性と、5枠に11番人気のタイキパーシブル、12番人気のトーホウシンバルが同居して「H枠」となったので、2頭まとめて注意。

中山10R「常総特別」、中共10R「名古屋城S」、阪神11R「六甲S」は、頭数が少なく(少頭数でも波乱になるケースも多いが)、Z作戦では参加しにくいレース。

阪神12Rは、20.4倍で10番人気のタガノエベンヌ、20.6倍で11番人気のアルーリングムーが同居して、3枠がG枠となった。
2頭まとめて、この枠から行く。

中山12Rは、⑬ルリニガナ(9番人気、F枠)。

中京12R「瀬戸特別」は、20倍のところに⑤レジェトウショウ、⑦ハジメレンンジャー(H枠)、⑨オースミマリオン(G枠)がいる。
さらに、A馬のスマートルシファーの1枠に25.6倍で12番人気のダイヤノゲンセキ(小牧)が同居しているので、ここまで押さえる必要があるかもしれない。

今日は、少頭数のため参加しないレースを含めて、オッズが散り、むずかしいレースが多い。
きょうは、A馬に同居したケースが目立つ。
はたしていくつ来てくれるだろうか。



にほんブログ村 競馬ブログへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。