So-net無料ブログ作成

さあ、桜花賞!

「阪神GF」を見た限りでは、桜花賞もオークスもこの馬で決まり、と思わされたジョワドヴィーブルだった。
ジェンティルドンアを含めて、サンデーの2頭の「チューリップ賞」での走りっぷりをどう見るか・・・・。
有力と思われる馬たちが外枠に入り、穴と狙いたい馬が不利な内枠に入ってしまった。
が、②エピセアローム、③オメガハートランド、④サンシャイン、⑤パララサルーサの、内枠の人気薄を上位とからめた馬券を構築してみよう。

頭数が揃えば、どのレースにも単勝オッズ20倍前後の「Z馬」が存在することになるが、昨日も述べたように、A枠、B枠に同居したZ馬、G枠、H枠に入ったZ馬を狙ったほうがいいようだ(ということを、昨日、読者の方と話した)。

という視点できょうのZ馬を観察すると、どういうわけか該当馬が少ない。

中山10R「隅田川特別」は、⑧レインスティックがA枠(ラインジェシカ)の枠に同居した。

中山11R「春雷S」は、⑦ショウナンカザンがG枠のZ馬。

中山12Rは⑥アヌエヌエがG枠、⑬ビルケンハンマーがH枠のZ馬。

阪神10R「大阪-ハンブルクC」、阪神12R「梅田S」ともに「G枠」のパターンにあてはまらない。

福島11R「吾妻小富士賞」は、⑭キルシュバウムがG枠、③タニマサホークがH枠のZ馬。

福島12R「飯盛山特別」は⑬ジュヴェビアンがG枠となった。



にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。