So-net無料ブログ作成

社台、サンデーグループをどう考えるか

「桜花賞」ではサンデーの2頭が人気になり、人気のないほうが勝った。
「皐月賞」では、社台、サンデーの吉田一族の3頭が1~3番人気を占めている。
社台、サンデーグループの馬を抜きにして、JRAの競馬は考えられないのだが、馬券構築となるといささか面倒な思考をしなければならない。
彼らにとっては、どの馬が勝っても賞金が入ってくるのだが、では、どの馬が勝つのか。

金曜日の前売り初日の時点ではワールドエースが1番人気だったが、昨日はグランデッツアとなり、きょうは2頭が並んでいる。

昨日書いたように、例年の皐月賞の3連馬券のフォーメーションは

1~3番人気=A
4~7番人気=B
8番人気以下=C

のA-B-Cの組み合わせで決まっている。
今年、これに当てはまるのはどの馬だろう、ということで

A=ディープブリランテ、グランデッツア
B=アダムスピーク、コスモオオゾラ、トリップ
C=アーデント、サトノギャラント、マイネルブロス、ゼロス

としてみた。
弥生賞出走馬に敬意を払いつつ、スプリングS組が主力とみた。
ワールドエース、ゴールドシップは、人気でも皐月賞よりもダービーで狙いたい。
波乱になるならマイネルロブストということで、本来は、この馬からの流し馬券でいきたいのだが・・・・。

他のレースも、オッズからは波乱含みのレースが多く・・・・

中山8R「袖ヶ浦特別」は、A馬(ウインバンデイラ)と同居した⑭リネンパズル(9番人気)。
ところがB馬(タニマサホーク)の枠には10番人気のシチリアーナが同居。
さらに、7枠に20倍台後半のシンボリマルセイユ(11番人気)、アイアンデューク(12番人気)がいてG枠となった。
これらをどう組み合わせるか。

中山10R「京葉S」はハンデ戦。
⑦サウンドアクシスがG枠、①エアティアーモがH枠のZ馬となったが、それぞれ同枠の馬にも注意が必要。
⑮トーホウチェイサーが、オープン3着・2回の実績を買われてか、1キロ増量となり、7番人気で1番人気のマルカバッケンと同居した。
ゾロ目、代役も考える。

中山12R「春興S」もハンデ戦。
1頭取り消しが出たので、⑬インプレスウィナーがF枠ながらZ馬。
⑪フラワーロックが、前回のハンデ戦より2キロ増量されている。

阪神9R「蓬莱峡特別」もハンデ戦。
オッズがギクシャクしており、8番人気のタガノエベンヌ(14.8倍)の次が、9番人気で25.1倍の⑫イデアとなってしまうのだが、20倍台でG枠なので、セオリーから、同枠のシングンレジェンドも含めて押さえなければならない。
①トウシンイーグルが1キロ増量されている。

阪神10R「陽春S」は、6番人気のコパノカチーノから20倍台に突入し、Z作戦で参加できるパターンにない。
しかし、20倍台にはアキノモーグル、シルクデイブレイク、ホットチリペッパー、ボーダレスワールド、エーシンリードオーなどがいて、ここらから穴をあける馬が出そうだ。

阪神11R「淀屋橋S」もハンデ戦。
G枠となったのは、①トウショウフォアゴなのだが、9番人気で15.9倍。
しかし、それよりも人気下位のオールブランニューが18.0倍で10番人気、さらに23倍台でエスカーダ、ハノハノあたりがつけていて、ここはオッズのチェックが必要。
いずれにしても、この4頭が穴候補。
⑥ロードバロック、⑩ボストネンペラーが1キロ増量されたので、馬券には組み入れなければならない。

阪神12Rは②メイショウイッシン(G枠)と、⑩ローレスレガリス(F枠)。

福島10R「桑折特別」は②ツクバオトメ(G枠)とグロリアスフラワー(F枠)。

きょうは、ハンデ戦が4鞍も組まれており、波乱が期待できそうなのでZ馬の出番も大いにありそう。
基本的には「G枠」を重視すべきだが、昨日の中山12Rのように、「A-Z-Z」のパターンにも注意だ。
「A-Z-Z」は、忘れた頃にやってくる。



にほんブログ村 競馬ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。