So-net無料ブログ作成

的中率50%、回収率は?

この秋の、恒例の「JRA-VANの鉄人」レースにエントリーしている。
各競馬場のメインのレースから5頭をピックアップし、ボックス馬券を組み立てる。
G1は、さらに6通りの3連単を組み立てる。

参加できない日もあったが、これまで、23レースに参加して、的中したレースは12R。
的中率は50%を超えている。
しかし、回収率は・・・・ほぼ「とんとん」である。
これは、的中馬券が、ほとんど「本命サイド」だからだ。
もちろん、波乱の馬券もあったが、Z馬の激走はなかった(通常なら、3レースに1回くらいの割合で生起するのだが・・・・)。

さて、5頭のボックスで買って、的中率50%以上で、払い戻しもそこそこ・・・・であれば、「うまく競馬を楽しんでいる」と言えるかもしれない。
しかし、競馬は的中率よりも、回収率が大事と思っているので、そこのところに忸怩たる思いが残る。

きょうの「ジャパンカップ」で「鉄人レース」は終わる。
このレース、Z作戦では参加できるパターンになさそうなので(一応、オッズからのZ馬は②ヴィクトワールピサ)、見ているレースなのだが、「鉄人レース」に参加しているので、一応、正攻法で攻めることにした。
ほぼ、日本の馬で決まりそうだが、3着には外国馬も突っ込んでくる可能性ありとみて、
⑯ブエナビスタ
⑦ペルーサ
⑥ローズキングダム
①ヴォワライシ
⑰マリヌス
の5頭を選んだ。
オウケンブルースリ、エイシンフラッシュは、ローテーションに狂いが生じ、ナカヤマフェスタは凱旋門賞にピークを合わせた、と判断した。
外国馬は、①ヴァォワライシがG1馬であること、⑰マリヌスが凱旋門賞経由であることを考慮した。
さて、どうなりますか。

例によって、11時頃のオッズからのZ馬候補は・・・・
東京8R「シャングリラ賞」は、①マコトギャラクシー。

東京9R「キャピタルS」は、⑤リザーブカード。

東京11R「エルカムP」は、⑦プティプランセス。
①シングンレジェンドが、単枠のH枠で24.5倍なので、ここまで考慮しておく。

京都10R「北國新聞杯」は、12頭立てながら、④ローレルレヴァータがH枠で22.5倍となったので注意。

京都11R「太秦S」は、⑬ファイナルスコア。
「鉄人レース」では、⑦エノク、⑩アースサウンド、②アウトクラトール、③トシギャングスター、そして⑬ファイナルスコアの5頭で参加した。

京都12Rは、典型的なZ作戦のパターン。
③アグネスヨジゲン(ウィリアムス)がG枠の、②シャトルタテヤマ(国分優作)がH枠のZ馬となった。

昨日の、外人参加のレースを見ていると、当たり前のことなのだが、外人騎手は初騎乗なので(調教師から脚質、作戦などは聞いているにしても)、自分なりの思いきった騎乗で、その馬の力をすべて絞り出すような騎乗ぶりが目立った。
さすが、世界一流のジョッキー・・・・見ていて迫力と、説得力を感じた。

それにしても・・・・
私はグリーンチャンネルで観戦しているのだが、パドック解説者たちの、古色蒼然としたあの解説ぶりはどうだ。
きっと、中間に、出走予定表に従って推奨馬を選んで、印をつけているのだろう。
その印通りの馬を推奨するものだから、そのほとんどが人気サイドの馬たちになって、どれもこれも、推奨馬は、人気上位の5、6頭になってしまう。
あんな、十年一日のごとくの解説(予想)をいつまで続けていくつもりなのだろうか(これは、パドック解説者だけでなく、従来の活字の競馬新聞のほとんどの解説者、トラックマンに言えると思うのだが、どうだろう)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

ジャパンカップ前日で・・・・

ジャパンカップといえば、メアジードーツが勝った第1回。
府中まで足を運んで観戦したものだが、あれから30年か・・・・。
なんか、馬券買いはあまりシンポしていないように思えるなあ。

ジャパンカップ(G1)前日で、ふだん馬券を買わない人も参加しているせいか、オッズの様相がふだんと違うような気がする。
余計な考察は含めず、参加できるパターンになってるレースのみ、Zゾーンにいる馬をピックアップすることにする。

東京9R「ファンタスティツJT」は、②キタノアラワシと⑦オウロプレット。

東京10R「アプローズ賞」は⑥タマモスクワート。

東京11R「プロミネントJT」は⑫ブラストダッシュ。

東京12R「エクセレントJT」は、B枠のマイネルエルフと同居したリズミカルステップ。
代役、ぞろ目の可能性も考える。
さらに、⑥レディビスティ(10番人気)と⑦カシマストロング(9番人気)が同居した4枠は「G枠」にあたるので、大穴候補としてフォーメーションにも組み込んでみる。

京都10R「醍醐S」は、10番人気、11番人気の⑥マヤノロシュニと⑤ゲットブラックが3枠に同居し、しかも「H枠」となって、Z作戦攻略の条件が整った。
「Z-Z」・・・・つまり、この2頭とも組み込んだ馬券を構築する。

京都11R「京阪杯」は、①エーシンダックマン(前走の京洛S1番人気)、⑨アーバンストリート(前走京洛S1着)となり、ともに切れない馬となった。
「逃げ不利」といわれるこのレースだが、最内枠に入ったエーシンの逃げ残りはどうだろう。

京都12Rは⑦ビノブランで、これは「G枠のZ馬」となった。

おなじZ馬でも、G枠、H枠に入ったZ馬は、他のレースよりは強気に狙っていきたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

がんばってくれよ、三浦皇成

昨日は、京都11Rでレインボーペガサスが、京都12Rでダスタップが来てくれたが、いずれも3着で・・・・。
しかし、3連複はいずれも5万円台で、たとえ連対しなくても、3着に突っ込めば爆発力がある。

ところで、昨日のレースで三浦皇成が落馬負傷。
きょうのスマイルジャックは、ひそかに1着の可能性があるのではないかと思っていただけに・・・・。
彼は、センス、力はあるのだろうが、1年目の活躍は、西の武豊を追い越せと、東の厩舎サイドが積極的に乗せてくれて勝たせてもらったもの(それが証拠に、彼が勝った馬はほとんどが3番人気以上だった。つまり、馬が、勝つべく、つくられていたのだ)。
それを、おのれの実力と過信したか、早々とフリー宣言してしまい、とたんに勝ち鞍が激減してしまった。
そして、写真集だの、婚約だのと、競馬とは関係のないところで騒がれ、有頂天になって(いるように見える)・・・・。
もう少し、腰をすえてがんばってほしい。
休養中に、少し、アタマを冷やしてもらいたいものだ。

「マイルチャンピオンS」は、4連勝中のダノンヨーヨーが1番人気だが、勝ちっぷりをみると、人気に押されるのはうなづける。
マイルの成績も申し分ない。
が、このレース、マイルの実績とともに、それ以上の距離、中距離実績のある馬、G1実績のある馬でないとなかなか勝ちきれない。
ダノンヨーヨーには荷が重いような気がする。
やはり、天皇賞を経由してきた馬が侮れないと思う。
そして、オッズからのZ馬はオウケンサクラとなった。
鞍上は、武豊。狙い目ではないだろうか。

他のレースでは、

東京11R「霜月S」は、ナムラタイタンが1.8倍のダントツ人気となり、Z作戦で参加できる様相にない。
ハンデ戦だし、頭がカタイときは(ナムラが勝つとして)、ヒモがなんとかで・・・・人気薄が突っ込む可能性もありそうだ。

東京12Rは、①レジェトウショウがG枠のZ馬。

京都10R「嵯峨野特別」は11頭立てで、本来は参加しないレースだが、10番人気のトウカイオーロラが20.6倍のZポイントにいるので、これがZ馬候補となる。

京都12R「京都スマイルP」は、8番人気のドスライスが24.1倍を示しているので、厳密にはZ作戦で参加しにくいレース。
⑤イセノスバル、⑩ドスライス、⑬ストレートイン、⑮スペシャルクインなど、すでにこの1600万条件を勝っている4歳の降級馬たちに人気がないので、ここらをうまく組み入れた馬券を考えてみる。

福島の2歳戦は見るレース。

福島11R「福島放送賞」は⑥スナークツバサと⑧ハクバドウジ。
スナークツバサはA馬のヒラボクワイルドと同居したので、例によってぞろ目、代役も考える。
①コスモフォースが、単枠で、H枠で、30倍となったので、ここまで注意が必要。

福島12Rは、この開催の最終レース。
オッズも混沌としており、馬連1番人気は二桁台、3連単も万馬券から始まる。
G枠の⑯テイエムシバスキー(なぜ、こんなに人気がないのだろう)と、⑬ドミネーターがZ馬候補だが、これよりも人気下位の馬が突っ込む可能性も考えてみる。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

Z馬が多すぎる

開催も後半に入ったためか、頭数がそろってきた。
したがって、混戦模様、Zゾーンにいる馬も多くなってきた。

11時頃のオッズから、各レースのZゾーンにいる馬を・・・・。

東京9R「多摩川特別」は、⑨ディアビリーヴ。
B枠なので、ぞろ目、代行も・・・。

東京10R「奥多摩S」はハンデ戦で、ハンデが増量された馬は⑪ツルマルジュピター(要注意)。
Z馬候補は3頭いて⑤エーシンビーセルズ、⑦ロリンザーユーザー、⑩ゴールドアグリ。

東京11R「東京スポーツ杯2歳S」は見るレース。オッズからは混戦模様。

東京12RはZ作戦のパターンにない。

京都10R「宝ヶ池特別」は⑦メイショウジェイ。
B馬、C馬が同居した8枠が軸?

京都11R「修学院S」は、お久しぶりの⑩レインボーペガサス。

京都12Rは、⑮コパノマユチャンと③ダスタップだが、ここまでもつれるか。
A馬とB馬が同居した7枠が軸。

福島10R「五色沼特別」は、⑪ニホンピログッデン(G枠)、①コクトー(H枠)となった。
このレース、単勝と、枠連、馬連が連動していない。
単勝9番人気の③アイスカービングから売れており、4番人気のヒカルプリンスとの組み合わせの枠連は2-5、馬連は③-⑩が一番人気になっている。
どんなふうに収まるのか、注目していたい。

福島11R「福島記念」は、毎年、波乱となってつかまえどころのないレース。
Z馬はマイネルチャールズ(9番人気)だが、その下にいるイケトップガン(10番人気)や、つねに注意が必要なアルコセニョーラあたりにも目を配る必要がある。

福島12Rは、①ともローカフェと⑥ウイニングドラゴン。

Z馬から、人気上位の6頭に機械的に流せばいいのだが、Z馬が複数いる場合は、それらを絡めてフォーメーションを組む。
はたして、何頭が激走してくれるか。



にほんブログ村 競馬ブログへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

いやはや、大人しすぎて・・・・

昨日は、頭数もそろったので波乱を期待したが、Z馬の激走は「オーロカップ」のテイエムアタックのみ。
それも、「3着」では馬連の妙味がなく、3連複は、相手が1番人気と9番人気。
ムラマサノヨートーは拾えなかった。

「JRA-VANの鉄人」に参加しているので、各競馬場のメインのレースの連対候補馬を5頭ピックアップすることになっており、いずれも的中(本命サイド)。
見るレースといっていた「京王杯2歳S」も、一応予想を投票(3連単も)。
このレースは、⑥グランプリボスのアタマから入って、2着に③リアルインパクトとし、3着を散らしたのだが、13番人気のテイエムオオタカに激走され、押さえきれなかった。

「JRA-VANの鉄人」みたいなのに参加すると、ついつい、当てにいってしまう。
Z馬がいるなら、それを絡めて敢然と攻めてみたいのだが・・・・はたして今日はどうか。

「エリザベス女王杯」は、やはりというか、アパパネに票が集まり、相手は、メイショウベルーガ、アニメイトバイオ、スノーフェアリーあたり・・・と一見固そうに見える。
⑯アーヴェイが、昨日の33倍から買い込まれて23.5倍となり、これが一応Z馬ということになった。
案の定、走っても走っても人気にならないセラフィックロンプや、もう少し人気があってもよさそうなブライティアパルスあたりに人気がない。
この2頭も入れ込んだフォーメーションを考えてみよう。

「武蔵野S」は、1400mを連勝してきた①ケイアイガーベラが人気になっているが、距離が伸びてどうなのだろうか。
⑫ユノゾフィー、⑮ダノンカモン、⑯シルクフォーチュンとの「6」「8」枠を相手にした三つどもえになっている。
そして、Z馬は7歳の⑨ダイショウジェット。
3歳の⑭バーディバーディには、過去の3歳馬がそうであったように、57キロがきついように思える。
「JRA-VANの鉄人」には、1番人気のケイアイガーベラを切って、休み明けでも走る④グロリアスノアを入れた5頭でいってみよう。

その他のレースでは、
東京10R「銀嶺S」は、Z作戦のパターンになく、

東京12Rは⑤ステラーホープ。
この馬は「H枠」だから要注意。
このレース、枠連と、馬連が連動していない。
枠連は、8枠(5番人気のアポロラムセス)から売れている(この馬は出走間際で買い込まれるかも・・・・)。
人気サイドの馬のオッズ動向に注意だ。

京都12Rも、Z作戦の様相になく、枠連の「2-4-5」枠の三つどもえで、6.5倍台。
そのあと、一気に5-6の17倍となってしまう。
枠の三つどもえで決まり?
枠は固くて、馬連は荒れる?というパターンになるのかどうか。

福島は、きょうが最終日。
何をやってこられるかわからない、と考えて参加すべきなのだろうか。
10R「小峰城特別」は、⑥ユーピロンユー。
3枠に1、2番人気のトーセンオーパスとフラッパーウィングが同居したので、相手はこの3枠でよい。
23倍で9番人気の⑨ミスベンツリーのオッズ動向に注意。

福島11R「須賀川特別」は、B枠(ヒカルジョディ)に入った⑯ダイメイザクラ(10番人気)なのだが、8番人気(12.6倍)ながら「G枠」に入った⑤リネンパズルにも、(G枠ということで)注意を払わなければならない。

福島12R「相馬特別」は12頭立てだが、11番人気の①グリッターアイスが26倍で単枠(H枠)なので、ここまで検討材料として考えなければならない。
1番人気のフェイクスターが4.5倍なので、まぎれもあると見れば、③パラダイムシフト、⑦メイショウマレンゴ、⑧サクラモサあたりも加えて、波乱サイドの馬券を考えてみよう。



にほんブログ村 競馬ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

GⅠ前日の花火大会?

今週の「エリザベス女王杯」から、暮れの「有馬記念」まで、7週連続でGⅠレースが続く。
福島は、最終週だし。
そして、きょうはGⅠ前日で、いまのところ、午前中の馬券は3場ともおとなしいが、午後は大花火が打ち上がるのではないか。
オッズを眺めていると、そんな気配が漂ってくる。
11時過ぎのオッズから、Zゾーンにいる馬をピックアップしてみた。

東京9R「ノベンバーS」は⑬ケイアイライジン。
1番人気は⑧レッドシューターだが、枠は2枠(3番人気の②ロードアリエス)から売れている。
馬連は、この2頭と⑥スノークラッシャーとの三つどもえの様相。
2枠には、8番人気のスズジュピターもいるので、2枠には注意。

東京10R「オーロカップ」は、⑫テイエムアタック。
馬連は一ケタがなく、3連単も1番人気3-5-8が112倍で波乱模様。
2走前の京成杯AC(ハンデ戦)で54キロで3着だったキョウエイアシュラが、1キロ増量されている。

東京11R「京王杯2歳S」は、若駒たちの走りっぷりを見ているレース。

東京12Rは、8番人気の馬が26倍とZゾーンをはずれているので、7番人気ながら⑧ケイアイブリザードがZ馬となった。
この枠は「G枠」なので注意。

京都9R「円山特別」は、②トーホウチェイサー。
ただ、7番人気のナショナルヒーローが、1枠の単枠で「G枠」となったので、注意が必要。
Z馬の常連だった⑪フェスティブマロンが10番人気で29倍と人気を落としてしまったが・・・・。

京都10R「比叡S」は、7番人気のワンダームシャが15.4倍、その次がエーシンダードマンで、オッズは40倍にまで落ちる。
エーシンは、昨年のこのレースの3着馬。
どう見極めるかがポイントだ。

京都11R「アンドロメダS」は、リルダヴァルが少し抜けた1番人気なのだが、枠連、馬連とも⑦アドマイヤメジャー、②ブロードストリートとの三つどもえの様相を見せている。
頭数が少なく、7番人気のエアシャトゥーシャが「G枠のZ馬」となったが・・・・。

京都12Rは、10頭立てだが、余計な馬がおらず、9番人気までが各枠にきれいに散った。
少頭数ながら、④テーオーケンジャが「H枠のZ馬」になった。

福島10R「霊山特別」は、②ゲットアヘッド(G枠)。
ただし、その次の10番人気⑫テラノパンサーが23.7倍で「H枠」なので、先週のように、この馬がZ馬になる可能性もある。
4枠に1番人気メジロジョンと3番人気ヤマニンシャスールが同居して、一見、この枠が軸になりそうだが、枠連、馬連とも、3連単とも、6枠の⑩アクアブルーフライから売れている。

福島12R「西郷特別」は、⑪メイショウイチバン。
この馬は10番人気でありながら14.2倍。
その次は、同枠のキングシャーロットで11番人気で25.8倍となる。
この両馬は「F枠」に同居した。
「G枠」は5枠で⑦ブライズメイト、H枠は単枠の②アメミスウィフト(47倍)となるが、ここらまでフォローが必要だになるかもしれない。

福島12R「赤湯特別」は、4枠の⑧プリンセスミカ(9番人気)。
これは「H枠」で、ここには10番人気のノアウイニングも同居しているので、枠連の穴枠ということになるが、、枠連4-6が31倍、以下4-5の60倍まで、そこそこ売れている・・・という感じ。

きょう取り上げた10Rで、果たして何頭が激走してくれるだろうか。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

やはり、オッズのチェックは欠かせない!

つくづく、オッズのチェックは欠かせないと痛感させられたのが、昨日の福島12R「土湯温泉特別」だった。
11時の段階のZ馬は、8番人気の⑬エイシンダヴンチだと指摘した。
ところが、14時半頃にオッズをチェックしたところ、11時に45倍で12番人気だった⑯ヴァリアントレディが18.1倍で(9番人気)、G枠のZ馬となっていたのだ。
そして、レースは、ヴァリアントレディの圧勝。
そして、そして、レース後の単勝の配当は、54.9倍。
この馬、サンデーレーシングの持ち馬なのだが、つまり、14時過ぎにこの馬に大量の買いが入って(45倍を20倍にするほどの)、また、知らず知らずのうちに、他の馬の単勝にうもれてしまい、最終的に、本来の人気(50倍)に落ち着いてしまったというわけだ。
馬連は、2番人気の⑨タニノスバルとの組み合わせで22820円、馬単は54490円。
3着は、これまた人気薄のウィニングドラゴンが突っ込んだから、3連単は189万円馬券になってしまった。
それにしても、誰が、こんなにも、この馬の単勝を(馬連、馬単?)を買い込んだのか。

そして、また、いやはや。
京都12Rでは、⑨ミステリアスバイオと②ウララカの2頭をZ馬としてあげたのだが、なんとこの2頭で1、2着。
いわゆる「Z-Z」のパターンで、馬連は38780円。
ふつう、こういう場合は人気サイドの馬がからむのだが、このレースは、3着に、これまた人気薄のピュアマリーンが突っ込んだので、3連複は41万円、3連単は255万円馬券になってしまった。

ちょっと、先週までのオッズのパターンとは違う。
何があったのだろうと考えてみたのだが、そういうえば、今週からは開催変わりの「5回東京」「6回京都」になったのだと思い当たった。
東京の「餅つき」が始まったのだろうか。

東京11Rの「アルゼンチン共和国杯」は、ジャミールが、昨日、安勝が病気で、大庭に乗り代わりが決まった瞬間から単勝オッズが上がり始め、昨日は2番人気だったのに、きょうは3番人気になってしまった。
大庭は、そんなに下手な騎手ではないと思っているのだが、下馬評は違うようだ。
一昨年のスクリーンヒーローの例があるので、視野を広げて検討しなければならないのだが、前走、オープンを勝ったとはいえ、重賞実績のないトーセンジョーダンが1番人気、同枠のスリーオリオンが、押し出されて2番人気になった。
こういう場合、1枠は固そうに見えるが、疑ってかかったほうがいい。
一応、オッズからZ馬は④スマートステージになった。
前走の負けっぷりが気にくわないが、春の目黒記念4着馬だ。
その他の馬で気になるのは、⑩トウショウウェイヴ。
昨年のこのレースにも出走し、昨年のこの時期、オクトーバーSを勝って、このレースを勝つ資格を持っていたせいか、3番人気に支持されていた馬だ。
その後、オープンを勝ち、2500の距離、東京コースにも実績があるので、馬連というより、3連複の軸にどうだろう。

その他のレースにも、Z馬がいっぱい。
東京10R「錦秋S」は③ツバサドリーム(G枠)。

東京12Rは⑧マルターズカイト(G枠)。

新設された京都11R「みやこS」は、⑥ドリームライナー(G枠)

京都9R「八坂S」(ハンデ戦)は、13頭だが、各枠に適当に散って、ブーケフレグランス(連闘)がZ馬となった(G枠)。

京都10R「京洛S」もハンデ戦で、12頭だが10ステラリード(11番人気)がC枠に入り、9、10番人気のシャウトライン、ヤマカツマリリンが8枠に同居し、しかもG枠となったので、この2頭にも注意だ。

京都12Rは、⑥リッカスウイープがG枠、①ドキャーレが単枠のH枠となったので、この2頭が候補。

福島11R「みちのくS」は、④ギンゲイで、これはH枠だから注意。

福島12Rは、①スズカパーク(8番人気)となった。

えらそうに「Z馬」などと指摘しているが、11時頃のオッズをチェックして、Zゾーンにいる馬をピックアップしているだけなので、ちっともえらくない。
しかし、JRAのオペレーションで、このゾーンにいる馬を起用してレースが決まるパターンが、必ず、年間を通して一定の割合で出現し、ここをものにすればプラス収支に持ち込めるのだから、JRAのオペレーションに乗らない手はない。
きょうは「G枠」「H枠」に入ったZ馬が多いので、何とか激走ぶりを見せてもらいたいものだ。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

G1路線の谷間で・・・・

きょうは、午後から所用があり、早めのアップ。
G1路線の谷間で、レースによって頭数がそろわなかったり、Z作戦で参加できるオッズ様相ではなかったりして、参加レースも限られる。

東京10R「伊勢佐木特別」は、⑧インフィニットエアが1.8倍のダントツ人気で、こういうパターンはZ作戦では参加しにくい。
ただ、この馬をめぐる2着争いの様相で、2番手はどれが来るかわからないというオッズ形態。
単勝1番人気の勝率は30%なので、⑧を2着にした馬単も面白いかもしれないし、「アタマが固いときはヒモが荒れる」のパターンから、9,10番人気が同居した7枠2頭(オリオンザアルファ、マチカネヒヨドリ)に流してみたりとか・・・・。

東京11R「ユートピアステークス」は、ダークエンジェル。
「JRA-VANの鉄人」に参加しているので、相手は②レディアルバローザ、④エーシンリターンズ、⑤カウアイレーン、⑭ソーマジックの人気上位4頭にした。

「JRA-VANの鉄人」レースは、各競馬場のメインレースの、馬券の候補を5頭選び、G1レース(もしくはそれに準ずるレース)は、6通りの3連単を投票する。

京都11R「ファンタジーS」は2歳の競馬なので、参加しないのだが、これも「JRA-VANの鉄人」に参加しているので、3連単のアタマは⑰ルリニガナ、2着は⑩ケイテイーズジェム、3着に②ツルマルワンピース、④ホーマンフリップ、⑤ホエールキャプチャ、⑦マイネイサベル、⑪レッドマーベル、⑫サクラベルとした。

京都12Rは、②ウララカと⑨ミステリアスバイオがZ馬候補。

福島11R「フルーツラインカップ」は、タンジブルアセット。

福島12R「土湯温泉特別」は、⑬エイシンダヴィンチ。

となったが、G枠、H枠に入ったZ馬もなく、ぴりりとしない。
はたして、どんな馬券構成になるのだろう。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

月曜日の競馬・・・・・

昨日の天皇賞。
いやはや。ブエネビスタが勝てないシーンも想像したが、古馬の強者を相手にしなかった。
ペルーサの末脚も目立ったが、完全に勝負あり。
JCも難なく通過するのではないか。

天候不順で中止になれば、月曜日に延期して、きちんとやりきる。
この、巨大ギャンブルビジネスのしたたかさ。
きょうは、どんな人が馬券を買っているのだろう。
オッズの分布を見ていると、ふだんとは違う様相を見せているように感じる。
プロたちの馬券、なのだろうか。
人気上位の馬と、そうでない馬との偏りが目立ち、いわゆる、いかにも穴をあけそうな「Zゾーンの馬」が見当たらない。

せいぜい、9R「六社特別」の3カゼノグッドボーイくらい。

馬場が重いときは、重馬場上手の馬が来るのではなく、本当に力を持った馬が上位に来ると聞いたことがある。
実力馬の見極めが難しいが、ある程度の人気の馬から、人気薄(G枠、H枠)に流す手でいってみよう。



にほんブログ村 競馬ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。