So-net無料ブログ作成
検索選択

昨日からの流れが続けば・・・・

昨日は、参加できるレースが少なかったのだが、「ながつきS」と、3場の12RでZ馬、H枠の馬などが飛んできて波乱となった。
きょうは、頭数が揃い、ハンデ戦もあり・・・・ということは、どのレースにもZ馬がいて、俄然、混戦模様。
レース数は多いが、「神戸新聞杯」「オールカマー」は頭数がそろわず、東西のメインレースは眺めるレース。
他のレースを、うまく的を絞って狙い撃ちたい。

中山8Rは、⑥シンボリマルセイユ。
⑮フランキンセンスが27倍で10番人気でHわくなので一応注意。

中山9R「外房S」はハンデ戦。
Z馬は⑭ポールアックス。

中山10R「茨城新聞杯」は、⑨サザンブレイズ(11番人気)だが、B枠なので代役、ぞろ目の可能性も。
⑪ガンドッグが、13.2倍ながら、10番人気で「G枠」、降級馬なので押さえが必要。

中山12Rは、④エキナシアが11番人気ながら19.8倍となっているように、大混戦模様。
1番人気は⑮シュテルンターラーなのに、枠連、馬連は⑤パシオンルージュから売れている。
同枠のドナリサも19.7倍で10番人気とZ馬候補なので、代役、ぞろ目も考慮する。

阪神9R「西脇特別」は、これまでもZ馬になったことのある⑪トップコマチ(和田)。
「G枠」なので要注意。

阪神10R「ムーンライトハンデ」は、少頭数だがハンデ戦らしく、馬連は二桁から始まる。
1番人気は⑫メイショウカンパクだが、Z馬は②メイショウジンム。
同馬主のドンブリはあるだろうか。

阪神12Rは、⑨タムロガッツ(岩田)。
2枠に1番人気のケイアイブリザード、4番人気のミッドタウンレディが同居し、どちらも降級馬。
枠連は2枠だが、馬連は⑭ウェストハーバーから売れている。

札幌10R「アカシヤ特別」は、13頭立てながら、①カスガ(上村)が、単枠で「G枠」となったので注意。

札幌11R「STV賞」はハンデ戦。
⑤アイアンヂューク(G枠、丸田)とシングンレジェンド(宮崎)がZ馬候補。
ハンデ戦なので、「WIN5」でも、穴サイドからのねらいも必要ではないか。

というわけで、きょう取り上げたのは9レース。
昨日からの流れが続けば、きょうもZ馬が激走ということになりそうだが、さて、どんな流れになるのだろう。
いずれにしても、システム通り、Z馬から人気上位6頭に淡々と・・・・。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

秋本番。さて競馬の動向は?

各地に爪痕を残した台風が去り、ようやく秋らしい空、さわやかな空気がみなぎった。
一方、競馬の方は、阪神、札幌で頭数がそろわず、明日の「オールカマー」も「神戸新聞杯」も少頭数で、馬券的な妙味となると「?」で、いささか参加意欲を削がれる。

きょうも、「定量」のレースばかりで、オッズを眺めたところで、「波乱含み」というのは少ない。
まあ、むこう(JRA)が、「こんなパターンで波乱としますよ」というときに、うまく「Z作戦」のパターンで引っかかってほしいと思う。
いずれにしても、淡々と・・・・。

中山8Rは①セミニョン(嶋田)とマイネオーチャード(柴田大知)。
単勝の1番人気は⑮ラヴァーズキッス(後藤)だが、枠連、馬連は2番人気の②キトゥンブルー(武士沢)から売れている。
セミニョンは、この馬と同居しているので、代役、ぞろ目の可能性あり。
「B-Z-Z」のパターンも・・・・。

中山9R「習志野特別」は、⑪サンデースイセイ(田中)。
1番人気の⑫ヴェルデグリーン(松岡)と同枠なのだが、枠連は3番人気の3枠から、馬連は2番人気の⑦トーセンマルス(吉田豊)から売れている。
A馬(ヴェルデグリーン)の取捨に迷うのだが、午前中に単勝が買われていて、このまま人気が落ち、それで、予定通りに「勝ち」に来る場合と、消えてしまうケースもある。
消える場合、同枠のサンデースイセイが飛んでくるのだろうか・・・・そこらを注目するレース。
14.5倍ながら、⑨トウザサミット(中館)が8番人気で「G枠」となった。
3枠には降級馬が2頭同居しているので、これらが、連勝の馬券の中に入ってくる可能性も考えておく。

中山11R「ながつきS」は、かろうじてZ作戦でねらえるというパターンで、人気サイドで終わる可能性もある。
一応、Z馬候補は⑭インフィニットエア(後藤)。
①ドリームリバイバルが、単枠(1枠)で、27倍で「H枠」となったので、波乱となれば浮上してくる。

中山12Rも、ぎりぎり「Z作戦」が間に合うかといったケース。
⑤スマイルバラッド(平野)が、15.7倍で8番人気。
その次が、⑦レークサイドカフェ(石橋)で30.4倍となっているからだ。
この2頭のオッズの動きを見ながら、波乱とみたら⑦を採用・・・・というパターン。

阪神8Rは、⑤トーホウストロング(川田)が、G枠のZ馬。

阪神12Rは、Zゾーンの馬が数頭いて、人気上位も下位も、オッズ的に混沌としている。
枠連は、1-3-5枠の三つどもえ。
馬連、3連馬券は、2番人気のケイテイージェム(岩田)から売れている。
それでいて、A馬(1番人気)は⑨スズカゲイル(安勝)なのだ。
安勝人気なのだろうか・・・・。
この枠には、メイショウセトウチ(武豊=12番人気で24.5倍)も同居していて、武は最近、人気薄でも飛んでくるので、なんとも微妙な枠だ(ソロ目は押さえておこう)。
Z馬候補は、そのメイショウセトウチと、⑫マージービート(酒井)、タニノネグローニ(藤岡康)となり、発走前までオッズのチェックが怠れない。

札幌12R「礼文特別」は、⑩ヤマニンアーシー(柴山)で、これは10番人気(22.5倍)。
しかし、その上の9番人気は①プリンセスミカ(秋山)で、13.0倍。
そして、これが単枠で「G枠」となるので、オッズ次第では、この馬を組み込む必要も出てくる。

きょう、参加できるレースは7つだが、先週の土曜日のようにZ馬ラッシュとなるかどうか。
午前中は、比較的、平穏だが・・・・2つ3つ来てくれないか。



にほんブログ村 競馬ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

昨日の流れがそのまま続くのか?

昨日、おそらく、このブログが始まって、初めてのケースと思われるほど、Z馬が激走したのだが、昨日の流れがそのまま続くとは限らないし、オッズを見ると、きょう、「Z作戦」でねらえそうなレースは、ほとんど見つからない。
それなら、きょうは本命サイドで・・・・と考えるのは間違い。
そんなに、臨機応変に、穴サイド、本命サイド、立ち位置を変えて参加するほど器用ではない。
見送るか、Zゾーンにいる馬から、ほんの少し流してみるか・・・・でいいと思う。
来週以降も、競馬は続くのだから。

唯一、15頭と頭数がそろったのが、札幌9R「朝里川特別」。
Z馬は⑤メジロガストン(吉田)だが、⑥ジョプラチネラ(古川)が、28倍で「G枠」なので、ここまで考慮しておく。

あとは、13頭立てのレース。

札幌11R「エルムS」は、ランフォルセが断然人気で、づおも人気サイドでおさまりそうな気配。
オッズからは、⑩クリールパッションが19倍、①スターシップが25倍で「G枠」となっているが・・・・。

阪神9R「美作特別」はハンデ戦だが、頭数がそろわず・・・・。
波乱とみれば、人気薄ということになるのが、⑥ワールドブルーが14倍で7番人気。
その次が、①ファイブイーグルとなるが、27倍とZゾーンを外れてしまう。
ここまで崩れるのかどうか・・・・。

阪神12Rは、13頭立てながら人気が割れており、⑦タイセイマグナム(9番人気)がZ馬だが、その次の②リバースターリング(浜中)が10番人気でも23.6倍で「G枠」となった。
こちらをZ馬に指名してもいいくらいで、2頭をからめたフォーメーションで攻める。

少頭数のレースでも波乱となるケースはある。
そういう場合は、各枠に人気がほどよく散って、単枠でも20倍前後の単勝人気となり、「G枠」「H枠」となる場合である。
昔の枠連の頃、穴を開ける枠は、超人気薄の枠ではなく、「G枠」か「H枠」で、そこにZゾーンの馬がいたケースなのだ。
そういう意味で、きょうの少頭数のレースを眺めると、一つ二つ、そんなレースもあるようだ。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

驚いた! 推奨レース全てでZ馬が激走

こんな日もあるんだなあ。

きょうは、メインの2つのレース以外で取り上げた全てのレースで、Z馬が激走した。

中山9R「初風特別」は、Z馬は⑧カレンナサクラなのだが、同枠の⑨ダイナミズム、その隣の⑩オクルスも18倍台にいて・・・・・
と書いて、オルクスが2着、相手は枠の軸とした4枠両頭で、馬連3180円、3連複4590円。


中山10R「内房S」もハンデ戦。
⑨ストレートインが、3走前に55キロ、2走前に1キロ減量されて54キロで2着、そして前走にまた55キロに戻った。その5枠に同居した⑩エベレストオー(三浦)がZ馬。
と書いて、三浦が2着。
ここは、5枠から攻めたのだが、1着が横山のアナモリで、ハズレ。

中山12Rは⑧タニマサホーク(丸田)が「G枠のZ馬」。
タニマサホークは3着。
この馬から上位人気の②スモールキング、⑦ジャーグラット、シェーカーに行って、馬連は不発だったが、3連複は4220円。

阪神10R「夙川特別」は⑦ユウキアックン(幸)と⑩ホクトキングダム(太宰から武に乗り代わり。G枠のZ馬)となった。
めずらしく、武がZ馬に乗って2着(本来は、太宰が穴を開ける予定だったのだろうか?)
1着は5番人気のシゲルソウウンで馬連は9940円。
3着が13番人気のヒシコモンズだったため、3連複は不的中。

阪神12Rは、12番人気の⑯トップルビーが21倍なので、これがZ馬になるのだが、同枠(8枠)の⑮ハピシン、⑥ロードセイバー、⑧セルリアンレッド(降級馬)などが19~20倍あたりで競り合っており、オッズは微妙に動きそう。
と書いて、トップルビーが3着。
3連複は13番人気のラヴアンドサンクスが絡んだため、これを当てるのはむずかしかったろう。
ただ、ラブアンドサンクス13番人気で25.1倍で、「H枠」だったので、勝ち馬(1番人気のブラーニーストーン)からは、買える馬券だったかもしれない。

というわけで、しばらくZ馬の激走が見られなかったが、きょうは5/5。
こんな日があるから、やはり、コンスタントに淡々と買い続けていく必要がある。

にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

クラシック秋本番の行方は?

春のクラシック路線を賑わせた面々が夏を越え、出走してきた。
「セントライト記念」も「ローズS」も、当然のように春の実績馬が人気を集めていて、どちらも人気3頭の三つどもえの様相だが、やはり、一角を崩す人気薄をみつけたい。
いつも言っているように、3歳の競馬に「Z作戦」は使えないのだが、波乱を演出する馬は「Zゾーン」あたりにいる、という意味で・・・・・・

「セントライト記念」は、オープン馬でないグループの中では、9番人気で、新潟で2200mを経験してきているトウシンイーグル。
ベルシャザースル(安勝さん)を応援したいが、どうも、中山の内枠で安勝が勝つイメージがわかなくて・・・・。

「ローズステークス」は、8番人気で、春、忘れな草賞でエリンコートの2着になったハッピーグラス。
相対的に、人気がなさ過ぎるのと思うし、ここで走っておかないと本番に出走できない。。


他のレースでのZ馬は・・・・・ぜひ、昨日の「セプテンバーS」のロードバロックのような馬を探したい。

中山9R「初風特別」は13頭立てだがハンデ戦。
A馬(アポロフィオリーナ)、B馬(エーシンヒットマン)が4枠に同居して、軸はここだと教えているが、Zゾーンの馬が混沌としている。
Z馬は⑧カレンナサクラなのだが、同枠の⑨ダイナミズム、その隣の⑩オクルスも18倍台にいて8~10番人気を形成している。

中山10R「内房S」もハンデ戦。
⑨ストレートインが、3走前に55キロ、2走前に1キロ減量されて54キロで2着、そして前走にまた55キロに戻った。一応、注意。
その5枠に同居した⑩エベレストオー(三浦)がZ馬。

中山12Rは⑧タニマサホーク(丸田)が「G枠のZ馬」。

阪神10R「夙川特別」は⑦ユウキアックン(幸)と⑩ホクトキングダム(太宰から武に乗り代わり。G枠のZ馬)となった。
ホクトキングダムと同枠のフィールドチャペルは、トータライザー紙の◎で、まったく人気がない。5枠は要注意だ。

阪神12Rは、12番人気の⑯トップルビーが21倍なので、これがZ馬になるのだが、同枠(8枠)の⑮ハピシン、⑥ロードセイバー、⑧セルリアンレッド(降級馬)などが19~20倍あたりで競り合っており、オッズは微妙に動きそう。
枠連は、1枠(ラブグランデー=武)から売れているのだが、馬連、3連単を見ると、同枠の②ダノンカスガ(熊沢)が6番人気なのに、人気上位で買われている。
1枠は、この2頭を一緒に考えたほうがよい。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

参加できるレースは二つ

9月も半ばを過ぎようというのに、連日、30度以上の猛暑が続いている。
からりと晴れ上がった、9月の空はいつなのだろう。

変則開催で3日間、2場ずつのレースが行われるためなのか、頭数がそろわず、Z作戦で参加できるレースは二つしかない。
まあ、こんな日があってもいいか。

中山11R「セプテンバーS」は、16頭がそろって一見、混戦模様だが、8番人気の⑪ボーダレスワールド(蛯名)が15.5倍。
次の9番人気が、⑮ファルクス(小牧)の29倍、次が③ロードバロック(田辺)の32.5倍となる。
ここらまで荒れると見るかどうか。

⑬ミスクリアモンは13番枠からの逃げは厳しいだろう。
中山1200mは、その直後につける先行、差し馬、内枠が有利。
昨年も、3枠-1枠-1枠で決まっている。

1番人気は1000万条件を連勝している⑤シルクウェッジ(横山)。
横山は、先週あたりから騎乗ぶりがさえているので、順当に抜け出してくるだろうか。
そして、2番人気のボストンエンペラー(和田)が1番枠に入った。

無理をして穴馬を探す必要もないのだが、あえて、ちょい荒れに期待ということで、一応、Z馬に当たる⑪ボーダレスワールドと、7番人気の⑫ベストクローン(武)が同居した6枠からの枠連で大人しく・・・・。
相手は、1、2、3枠でいいのではないか。

連勝馬券もボーダレスでいいのだが、先日の、「セントウルS」勝ちで自信を得た田辺が、中山1200mの持ちタイム3位(2走前)のロードバロックで突っ込んで3着に入る、みたいな展開も考えてみたい。

札幌11R「TVh賞」も1200mのレースで、内枠が有利。
3枠にA馬(ダンシングロイヤル=浜中)、B馬(ミッドナイトクロス=藤田)が同居したので、軸はこの枠となる。
「Z馬」は、⑪シシャモチャン(小林)で、3着が続いている割には人気になっていない。
もう一度3着を期待して、3枠の2頭を相手に、⑪-④⑤-(・・・・・・・・・)といった3連複のフォーメーションを組んでみる。

明日は、東西で「セントライト記念」「ローズS」が組まれ、他のレースも頭数がそろい、ハンデ戦も2レースある。
勝負は明日に期待しよう。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

秋競馬の動向は?

先週のキャリーオーバーがあるということは、「WIN5」は、順当な結果に終わったとしても、今週の売り上げがあるから、2倍くらいの配当が期待できる。
ということなのだが、JRAは荒らすのか、それとも順当におさめるのか。
昨日は、阪神、札幌は人気サイド(3番人気以内)の馬が7割、中山では6割ほどのレースで勝っていたが、きょうはどうなるのだろう。
ヒモに、昨日よりは人気薄の馬がからんでくるような気がする。

「京成杯AH」はハンデ戦で、毎年、関屋記念出走馬が来ているレースだが、関屋記念を勝ったレインボーペガサス(安勝)がトップハンデ。関屋記念2着のエアラインが一番人気になった。
ここ8年ほど1番人気の勝ちはなく、トップハンデも苦戦傾向だ。
2番人気のフィフスペトルと3番人気のレインボーペガサスが5枠に同居して、軸はここだと教えている。
タマモナイスプレイが、CBC賞3着からオープンの勝ちを経て、前走でハンデが増量されている。
メイビリーヴも、前走のオープン2着で、3走前のハンデに戻った。
そして、この馬がZ馬。
ハンデ戦だから一筋縄ではおさまらず、タマモ、メイビリーヴあたりがからんでくれると面白い。

「セントウルS」の方は、スプリンターズSの前哨戦で、比較的充当におさまっているが、コスモベル、シンボリグラン、サンアディユのように11番人気が飛んできた例もある
今年も、勝ってもよさそうな馬が8頭くらいおり、波乱も期待できそう。
2番人気のエーシンヴァーゴウと同居したトウカイミステリー(10番人気)がZ馬となった(前回もZ馬)。
②ヘッドライナーが9番人気で「G枠」なので一応、Z馬候補。
これらの馬は前走のハンデ戦「北九州記念の斤量を比較すると、エーシンヴァーゴウがマイナス0.5キロ、トウカイはプラス3キロ、ヘッドライナーはマイナス1キロとなっており、ハンデが微妙に影響するかもしれない。
カギは、ダッシャーゴーゴの取捨。

他のレースで、Z馬は・・・・
中山12Rは、⑤フレイムヴェインと⑫ナンヨークイン(G枠)。

阪神10R「オークランドRCT」は、⑦パールシャドウ(B枠)と、⑭スーサンライダー(G枠)。
B-Z-Zに注意。

阪神12Rは、①スマートスパイダー。

札幌は頭数がすくなく、見送り。



にほんブログ村 競馬ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

秋だ。競馬のシーズンだ!

40年以上前の競馬初心者の頃、手にした競馬専門誌にこんなキャッチコピーが踊っていたことを覚えている。
秋が競馬のシーズンなのか・・・・そのときは深く意味を知らなかったが、この時期から、暮れの有馬記念までの、いまでいう3歳馬の秋のクラシック路線、古馬のG路線(当時はそう呼ばなかった)が始まるという意味だったのだろう。
競馬を追っていると、時間の流れが速い。
ことしも、あっという間に、暮れの有馬記念まで一気になだれ込んでいくのだろう。

あれ。
いま、昨年の同じ時期のエントリを読み返してみたら、昨年も同じことを書いていた(競馬は、おなじことをくり返す)。

中山と阪神へ戻るということで、これまでとは違った「秋競馬」が始まる。
馬券の傾向も違ってくるだろう。
「Z作戦」は、基本的に「ハンデ戦」で狙うのはよいが、果たして、最終レースはいままでのようにうまくいくだろうか。
「WIN5」も、これまでとは多少違った傾向が現れると思う。
そんなことに注意を払いながら、きょうは、そろっと、秋の傾向をうかがうことにしよう。

中山11R「紫苑S」は、秋華賞のトライアルだが、3歳の競馬ということでZ作戦では狙えない。
オークス出走組が人気を集めているが、最近の勝ち馬にオープン馬はほとんどおらず、前走で500万条件を勝ってきた馬が多い。
賞金を持っている馬は秋華賞に出走できるし、ここは、出走権を狙って条件上がりが勝ちに来るのだろう。
前走で500万を勝った⑥カルマート、⑫フレンチボウ、春のクイーカップでホエールキャプチャと勝ち負けのレースをしていたデルマドゥルガーあたりから軸を選び、④メーヴェ、⑤ピュアプリーゼ、⑦スピードリッパー、⑬ダイヤモンドアスク、⑭ピュアオパール、⑮アカンサスあたりとフォーメーションを組んでみる。

阪神11R「朝日CC」も頭数がそろわず、Z作戦では参加できない。

札幌11R「報知杯大雪H」は、13頭立てで頭数がギリギリだが、ハンデ戦なので波乱の目がありそうだ。
オッズからは⑦ジュモー(勝浦)がZ馬になっている(10番人気)がF枠(6番人気枠)に同居。
その上の9番人気の⑩タガノガルーダ(黛)が、「H枠」になった。
8番人気の①セトノメジャー(四位)が、単枠の「G枠」となった。
⑤モモフク(宮崎)が、最近の着順の割に、6番人気と意外に票を集めているような気がする。

他のレースでは、
中山9R「松戸特別」がハンデ戦で、少頭数だが適当に各枠に人気馬が散った。
③ユニヴァースガイ(石橋)が7番人気(12.5倍)で「G枠」、8番人気の⑨ビービーアックス(島田)と9番人気のサニーラブカフェ(中館)がそろって7枠に同居し、「H枠」となったので、3枠、7枠から人気上位に流す枠連で攻めるのはどうだろう。

中山10R「浦安特別」は別定戦だが、まぎれが生じそうなダート1200m。
安勝が乗ってきた⑯リシュオルが1番人気だが、枠連も馬連も2番人気の②トシキャンディ(木幡)から売れている。
Z馬は、③ココカラ(北村)となったが・・・・。

他にZ作戦で狙えそうなのは、阪神12Rのみ。
⑩ダンスラナキラ(小牧)が「G枠のZ馬」となったが(11番人気)、12、13番人気の⑦アドマイヤクーガー(岩田)、⑧トーワテレサ(高倉)が5枠に同居して「H枠」となったので、この両馬の突っ込みも考えられる。
A馬(リバーハイランド=太宰)、C馬(メロート=国分優)が同居した1枠が軸になりそうだが、鞍上に安定感がなく、波乱も考えられる。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

相変わらず最終レース?

昨日は、新潟の最終レースで、アポロノカンザシが2着に入り、馬連5230円、3連複9530円となった。
エントリには書かなかったが、小倉の最終レースでも、9番人気で30.3倍で「G枠」ノフォルクスオーパー(幸)が3着に入り、相手が2、3番人気で3連複11180円となった。
いずれにしろ、9~11番人気までの馬はフォローせよということだ。
きょうの最終レースはどうだろう。

2歳の競馬は、基本的に参加しないことにしている。
「WIN5」もあるが、キャリア1戦しかない馬同士をどう比べろというのか。

新潟9R「出雲崎特別」は、C枠のハイエイヤー(木幡)と、G枠で10番人気になった③マイティージュニア(佐藤)。

新潟10R「稲妻特別」は、7番人気の④リッカコウユウ(田辺)が16.1、その次の8番人気が⑥ジニオマッジョーレとなり、厳密にはZ作戦では狙えないレース。
ただ、リッカコウユウがA馬(トップモデル)と同居したので、ぞろ目、代役の可能性も。

新潟12Rは、おかしなオッズとなっている。
A馬(⑤ドレミファドン)が抜けた1.9倍となっているのだが、枠連も馬連も、この馬からは売れていない。
枠連は、2番人気のアドマイヤジャガー(4枠)から、馬連は3番人気の⑬マツリダジャパンから、3連単も⑦アドマイヤが中心になっている。
こういう場合の⑤番の取捨がむずかしい(あっさり勝たれる場合もあるし、飛んでしまう場合もある)。
いずれにしても、発走直前までのチェックが必要だ。
このレース、20倍のところに③ジンデンバルト、⑥エリモスフィーダ、⑩マルターズカイト、⑪シルクエンデバーと4頭がひしめいており、どれがZ馬になるか、ここも発走前までチェックが必要。
いずれにしても、ちょっとおかしなレースだ。

小倉9R「鳥栖特別」は、1番人気から9番人気まで、1.0~4.9、5.0~9.9、10.0~14.9、15.0~19.9倍と、きれいに並んで9番人気のZ馬(20.4倍)が⑤マイネルヴァルムとなった。
相手は上位6頭でいいのだが、②ナイスミーチューが、いまのところ、10.9倍で8番人気。
この馬、降級馬で小牧なので、ここまで押さえる必要があるのだろうか。

小倉10R「西日本スポーツ杯」はハンデ戦。
牝馬2頭がハンデを背負わされ、1、2番人気になった。
2番人気の⑧ケイエイデイジーは56.5キロと、牡馬換算では58.5キロ。
夏の牝馬とはいえ、休み明けで、これは見込まれすぎたのではないか。
ただ、この枠にZ馬候補のアルーリングムーン(幸)が同居しているので、枠はこの枠でも、代役の可能性がある。
もう1頭の候補馬⑫バラードソング(飯田)は「G枠」。
28.0倍(11番人気)で「H枠」のエイシンダヴィンチも、押さえる必要があるかもしれない。

小倉12Rは、B枠に②ベイルリ(7番人気)、A枠に8番人気の⑮ファイヤー(ただし、単勝オッズは32倍)が同居したので、本来はZ作戦では狙えないレースだが、代役、ぞろ目の可能性を考える。
武豊は、9~12Rまでのうち、3レースで1番人気となったが、さて?

札幌9R「フィリピントロフィー」は、⑥ベルモントスコッチだが、①ミッキーセブンが単枠で「G枠」なので、こちらにも注意。

札幌10R「インディートロフィー」も、⑪ヴィクトリアローズなのだが、①ニシノマナザシが8番人気で単枠となったので、こちらも注意。
ただし、「G枠」は、41倍で11番人気のビーチパーティ。
社台グループから4頭出走してきているうちの1頭で、いちばん人気薄だ(考えすぎか)。

札幌11R「札幌日経オープン」は手薄なメンバーだが、地方の井上俊彦が乗ってきたダブルオーセブンがZ馬。
牝馬ながら、菊花賞に挑戦したポルカマズルカが1番人気だが、馬券は2番人気(コスモヘレノス)、3番人気(ネコパンチ)が同居した8枠から売れている。

札幌最終レースは、13頭立てで、オッズもZ作戦で参加できるパターンにない。

さて、きょうはどうなるか。
2つ、3つ飛んできて欲しいものだ。



にほんブログ村 競馬ブログへ








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

夏の終わりで

台風12号が接近しており、競馬場はどうかと思ったら、朝は、3場とも晴れていたのには驚いた。
狭そうで、日本列島は意外に広い(長い?)。
台風一過で、一気に秋に突入するのだろうか。
と言っていたら、小倉は荒れ模様になってきた(馬場を考慮する必要がある)。

今週は、2歳の重賞ではとりとめがなく、盛り上がりに欠ける。
せめて、Z作戦で、それも、ハンデ戦か最終レースで・・・・と思うのだが、オッズ的にぴりっとしない(きれいな、Z作戦のオッズパターンになってくれない)。

新潟8レースは、牝馬のレースということで波乱を期待すれば、③ウィッシュアゲン、⑧オンザスローン(同枠の馬が取り消したので注意)、⑩アフィントンとなる。

新潟9R「瓢湖特別」は、①トッププライスと③ゴールドラム。
トッププライスは芝に実績がなく、先に行けないのだが。

新潟10R「弥彦特別」はハンデ戦だが、⑤ゴールドスパークルが16.7倍で7番人気。
この次の⑩フサイチオフトラ、⑦ネオスピリットのオッズの動きをチェックしたい。

新潟12Rは、芝直線1000mだが、1枠に入った②トレノローザ、⑤アポロノカンザシがZ馬候補になった。
しかし、どちらも、芝にも1000mにも実績がない。
どう判断するべきだろうか。

札幌10R「タイランドカップ」は、⑫オールターゲットと②ゴーゴーヒューガ。
A馬、B馬が3枠に同居して、枠の軸はここ。

札幌11R「シンガポールTC賞」はハンデ戦。
ダイヤモンドムーン(横山)が、牝馬ながら、牡馬換算でトップハンデで、1番人気になったが、ダートにしか実績がない。
Z馬は、⑥エクレウスとなったが、前走の2着(シシャモチャンに先着)を展開に恵まれたフロックと考えるかどうか。
さらに人気のないところでは、H枠で38倍のサクライダテンだが。

小倉9R「唐津特別」は、⑩エーシンギガウインと⑬グラッツイア。

小倉11R「北九州短距離S」はハンデ戦だが、9頭立ててZ作戦のパターンにない。
エイシンパンサーが、ハンデが増量されている(先週の新潟記念でも、ハンデが増量されたナリタクリスタルが、勝った)。

どうもぴりりとしたレースがない。
無理して参加する必要はなく、こんなときは、どんなおさまり方をするのか眺めておくというのも一手。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。