So-net無料ブログ作成
検索選択

思えば、続いてきたものだ・・・・

競馬を始めたきっかけが、昭和43年の、リュウズキが勝った有馬記念だった。
その後、何回も馬場に足を運び、暮れの名勝負を見てきた。
思えば、よくここまで続けてくることができたものだ。

(また、今年も書いてしまうが)やはり印象に残る有馬記念は、ハイセイコー、タケホープがしのぎをけずった昭和49年のレースだった。
そのときの模様は、以下のエントリでお読み下さい。

http://z-ba.blog.so-net.ne.jp/archive/20081227

昨年はビクトワールピサを選ぶことができたが、今年は、どの馬にもチャンスがあるようで、大いに迷っている。
こういうレースは、自分の好きな馬を買うべきで、トーセンジョーダン、アーネストリー、ヴィクトワールピサあたりから人気の2頭に流す馬券を考えている。

さて、そのほかのレースは、どれもこれも混戦模様で、こういうときはZ馬という指標が役に立つのだが、昨日までと違って「G枠」「H枠」のZ馬がいない。
つまり、人気サイドの馬の枠の中に紛れ込んでいるのだ。
どうにも始末が悪い・・・・枠連は固く、馬連は波乱といったケースが見られるかもしれない。

11時半のオッズから候補を挙げると・・・・

中山8R「グッドラックハンデ」は、②ロードアイアンがB枠に、⑦マルラニビスティーがC枠に同居した。

中山9R「フェアウェルS」は、⑤マイネルオベリスク、⑧アンヴェイル、⑯スギノブレイドとなった。

中山11R「ハッピーエンドS」は、⑬スイートライラ。
きょう、このレースにしか乗れない安勝さん(ウインバンデイラ)が1番人気だが、1枠に2、3番人気が同居しているので、安勝が消えればこの枠になる。

阪神10R「赤穂特別」は、⑬マヤノゴクウがC枠に、⑪ディープルマンがB枠に同居した。
ぞろ目、代役の可能性も考えておく。

阪神11R「摩耶S」は、⑭アイディンパワーだが、⑪イチエイクリッパーが29.9倍で「G枠」なので注意。

阪神12R「ファイナルS」は重賞にしてもいいくらいの顔ぶれで、しかもハンデ戦。
1番人気の⑰エアラフォンの8枠に同居した⑯トゥニーポート(北村)、⑱サワヤカラスカル(国分)がZ馬候補となった。
ぞろ目は押さえておき、エアラフォンが消えるケースも考えておくべきだ。

小倉10R「八女特別」は、⑨シャイニーダンディと⑯タガノアッシュ(本日唯一のG枠のZ馬)

小倉11R「筥崎特別」は、8番人気のシンボリカージナルがG枠となったが、9番人気のキンエイポラリスが1番人気のシルヴァーノと同居しているので、ぞろ目、代役、そしてA-Z-Zの可能性も考える。

小倉12R「アンコールS」はハンデ戦。
ハンデ増量馬はなく、ナイアード、エーシンダックマン、ドリームバレンチノが、前走1600万条件を勝ち上がり、その時の斤量より2キロ減で出走なので注意。
Z馬は⑤シャウトライン(G枠)になったが、①セブンシークインが単枠で27.9倍で「H枠」となったので、ここまでも考慮に入れる。

今年も、なんとかブログを続けてくることができた。
来年は、なんとか、「Z馬を探せ!」「フェイク馬の見つけ方」に続く書籍化を実現したい。
今年も読んでいただき、ありがとうございました。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

「G枠」「H枠」のZ馬に注意

昨年も、同じことを書いている。
JRAが波乱のレースを演出するときは、「G枠」「H枠」のZ馬に注意。
なぜか、と言われても、暮れの競馬は、毎年、そうなるからだ。

先週も、土日ともZ馬が激走。
日曜日の阪神11R「ギャラクシーS」を勝ったヒラボクキングは「G枠のZ馬」で、WIN5のレースの一つでもあった。
午前11時の段階で、単勝22.6倍で8番人気・・・・。
「Z馬」という視点がなければ、なかなかこの馬を1着に指名することは困難だろう。

「愛知杯」では、ブロードストリートが2着に・・・・。
この馬も、「G枠のZ馬」だった。

ハンデ戦では、いつも、ハンデが増量されている馬を指摘しているが、先週は、そういう馬が1、2着に激走していた。
ハンデキャッパーに見込まれているのだから、「走りなさい」といわれている「サイン」とみるべきだ。

今年も、今日と明日の競馬を残すだけになった。
個人的には、有馬記念で安勝さんのペルーサが出走を取り消したのが残念。

というわけで、今日は11時半の時点でのオッズからZ馬候補を挙げてみると・・・・。

中山11R「師走S」はハンデ戦。
ハンデを増量されているのは、ブラジルカップを58キロで勝ったインバルコが0.5キロ増量されている。
前走、59キロで2着しているとはいえ、今回はハンデ戦。
足下をすくわれるかもしれない。
1600万条件を勝って、その時より2キロ減で出走してきている組が、④レーザーバレット(1番人気)、⑦サイレントメロディ、⑨プリンセスペガサス、⑫プレシャスジェムス、⑭スタッドジェルラン、⑮トーセンアドミラスなどで、こういう馬たちには注意だ。
その中で、プリンセスペガサスとスタッドジェルランがZ馬候補となった。
1枠が「G枠」となったので、8番人気ながら13.6倍のエアマックールにも注意。
馬連は固くても、3着に人気薄が飛び込んでくるケースが往々にしてあり、Z作戦はそのパターンをすくって取る馬券構築法だ。

中山12Rは、12頭と少頭数だが、④フェニコーン(小坂)がG枠のZ馬となった。
1番人気、2番人気が6枠に同居しているので、枠の軸はここでよさそうだ。

阪神9Rは、⑧スティルゴールド(藤岡)がG枠のZ馬。

阪神10R「元町S」はハンデ戦。
ハンデが増やされたのは、⑦リッカロイヤル(福永)、⑫リフトザウィングス(ルメール)。
②マイネルアトレ(和田)が「H枠のZ馬」となった。

阪神12Rは、⑬アメノレインジャーがZ馬だが、この馬はC枠に同居しており、ここは本命サイドで落ち着きそうか・・・・。

小倉11R「宗像特別」は⑫テイエムアモーレ(小林)と⑱ジョーリゴラス(松田、G枠)。
ここは、まだオッズが動いており、もう少しウォッチングが必要。

小倉12R「志賀島特別」は、⑩エクセリオン(大野)がG枠のZ馬。
1番人気(メイショウヤタロウ)、3番人気(インプレッシヴデイ)が7枠に同居しており、枠の軸はここ。

今日も、中山で50万馬券、阪神で300万馬券が出て、小倉も荒れに荒れている。
暮れの競馬なので、波乱模様にあることは確かなのだが、肝心の「荒れ方」がどういうパターンになるかがカギなのだ。
「Z作戦」でカバーできる範囲を超えた波乱では、すくい取ることはできない。
JRAがどのようなオペレーションを使ってくるか・・・・じっくり拝見することにしよう。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

昨日は3つのレースでZ馬が来て・・・・きょうはどうか?

昨日は、取り上げた5つのうち3つのレースでZ馬が来てくれたが、いずれも3着だった。

中山10R「香取特別」は、1着馬が失格となり、テケショウカヅチが繰り上げ3着となった(3連複3970円)。
阪神10R「サンタクロースS」では、要注意としてあげたナリタシルクロードが3着で、3連複6240円。
小倉11R「豊明特別」では。アクティビューティが3着となり、3連複4080円。

13頭立てということで取り上げなかったが、小倉12R「高塔山特別」では、発走前に8番人気、21.1倍だったラブフールが2着に入り、馬連4340円、3連複4980円を構成した。

いずれも、相手が人気サイド(1~3番人気)だったため、3連複でも目をみはる配当にはならなかったが、1番人気がはずれると大きな配当になる。
相手馬としては、上位6番人気までを選びたい。

きょうはどうだろうか。

「朝日杯フューチュリティ」は2歳の競馬で、Z作戦では参加しないレース。
3歳のクラシック路線には直結しないが、将来のG1馬を見つけるという意味で、好きな馬を買ってみる?
有力と見られていたレオアクティブとダローネガが8枠に入ってしまって人気を落としているが、どちらかが3着には入って来ると踏んで3連馬券を組むのはどうだろう(横山は来週以降、騎乗停止になるし・・・・)。

「愛知杯」の方が、牝馬のハンデ戦で、馬券的に面白い。
前売りを見て、意外だったのは、昨年のこのレースの1番人気で2着、春のマーメイドSで2着のブロードストリートに、意外に人気がなく、この馬がZ馬になってしまった。
そして、セラフィックロンプにも人気がない。
過去にこのレースを勝った彼女も、すでに7才になってしまったので、この人気も仕方がないが、人気がないときに激走するのがこの馬の本性だけに・・・・。

もちろん、このレースの最大のテーマは、レーヴディソールの取捨だ。
阪神JFとチューリップ賞を圧勝したときには、ネズミのような顔をしたこの馬の桜花賞制覇を疑わなかった。
前走は、+20キロでは仕方がなかったかもしれないが、きょう、きっちりしぼれて、レースができる状態にあるのかどうかだ。
仕上がっているなら、問題はないと思う。
このレースの開催が年末に移ってから、3歳馬の活躍も目立つことだし。
それにしても、3歳馬で55.5キロは、ハンデキャッパーにかなり見込まれてしまったのではないか。
ハンデが増やされている馬は、シンメイフジ、アスカトップレディ、フミノイマージンで、これらには注意。

他のレースでは、
中山10R「仲冬S」は、⑯リッカアリュール。
②トウショウブリッツ(大庭)は、28倍でG枠なので、注意。

中山12R「中山ウインターP」はハンデ戦。
Z馬は、A枠(アドマイヤセプター)と同居した⑨サザンスターディ(津村)。
アドマイヤとのぞろ目、アドマイヤの代役も考える。
①フェイマステイル、ミッキーチアフルあたりとのA-Z-Zなども。

阪神9R「クリスマスキャロル賞」もハンデ戦。
Z馬は⑥メルシーヨーク。
⑱ワイズリーが、前走の3着が見込まれたか、1キロ増やされている。

阪神11R「ギャラクシーS」は②ヒラボクワイルド。

小倉10R「名古屋日刊スポーツ杯」もハンデ戦。
9番人気のウォーターデューク(武幸)と10番人気のタガノキャプテン(村田)が4枠に同居し、H枠のZ馬となった。大穴でぞろ目も。

小倉12R「九重特別」は、12番人気のトレモロ、13番人気のワールドロレックスが20倍あたりにいて、まだオッズは動いている。
人気薄の台頭に注意。

というわけで、きょうは7つのレースとなったが、昨日のようにZ馬が飛んでくるような展開になってくれればいいが・・・・。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

餅つきで波乱傾向だが・・・・

11時のオッズはチェックしたが、アップが遅くなってしまいました。

午前中は、3場とも波乱傾向だが、午後も続くのだろうか。
頭数、オッズの傾向などから、Z作戦で参加できるレースは少ない。

中山は、10R「香取特別」のみ。
といっても、オッズからは本命サイドでおさまりそうで、1番人気のセイリオスが休み明けでほころびがあれば、オリエンタルジェイ、ヒラボクマジックとなる。
Z馬候補として穴をあけそうな馬は、セイリオスと同居したコンノート(草野。セイリオスが消えたときの代役)、⑨ベストオブケン(大庭)、⑯タケショウカジツ(和田)となる。

阪神9R「猪名川特別」は⑫ヤマカツゴールド(池添)が「H枠のZ馬」となった。
ただ、A枠(1番人気の枠。タムロスカイ)の8枠にアドマイヤセナ(ルメール)が同居しているので、代役、ぞろ目に注意。

阪神10R「サンタクロースS」は、⑭アグネスミヌエット(デムーロ)となった。
この馬、前走もZ馬候補だった。
前走で1000万条件を勝ち上がったエイシンナナツボシ、ナリタシルクロードもZゾーンにおり、注意。
①サクラブライアンス(藤岡)が、内枠の逃げ馬で・・・・。

阪神11R「阪神カップ」は、マイルCSを経由してきた馬が集まってなかなかの顔ぶれ。

トータライザー紙の柏木次郎さんがいうように、このレースとマイルチャンピオンシップの開催を入れ替えたらいいのではないか。

<トータライザー>
http://www.navikeiba.com/

マイルCS経由の馬を重く見るべきだろう。
オッズから、エーシンフォワード(岩田)が「G枠のZ馬」となった。

小倉11R「豊明特別」は、⑩アクティビューティ、⑯アキノグローブなのだが、1番枠に、アキノの同馬主の、ただ1頭の逃げ馬アキノモーグルがいて・・・・。

馬連がかたくおさまっても、Z馬が3着に入ることで3連馬券が波乱となるケースが多いというメリット、デメリットがZ作戦にはあり、このあたりの馬券構築をどうするかに、いつも頭を悩まされる。

Z馬が複数いる場合は、ZZ-ABC-ABCDEF(ABCD・・・は単勝オッズの順位)というフォーメーションを組むのが基本だが、たまに、Z馬よりも人気下位の馬が突っ込んでくるので悩ましい。
Z馬が「A枠」に同居した場合は、いつも言うように「A-Z-Z」の組み合わせに注意だ。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

恐るべし、サンデーレーシングの底力

「阪神ジュベナイルF」は、ジュワドヴィーヴルの快勝となった。

1勝馬として初めて勝ったのが、姉のブエナビスタだった(未勝利から)。
一昨年のブログで、「未勝利勝ちがこんなに人気になっていいのだろうか」と書いた覚えがある。

1戦1勝の、新馬から勝った例も、過去になかった。
今回は、そのデータも覆された。
しかも、抽選をくぐり抜けての勝ち。
そして、2頭とも(ビワハイジの仔というよりも)、サンデーレーシングの馬。

いまや、社台グループの吉田一族の存在なくしてJRAは語れない。
かつて、ジャパンカップでスクリーンヒーローが勝ったとき、「社台グループだから可能なのだろうか」と書いた覚えがある(条件馬がいきなりG2の「アルゼンチン共和国杯」を勝ち、G1実績もないのに、いきなりジャパンカップを勝った)。

JRAには、番組表に基づく厳然たるルールがあって、それを無視して、勝手にレースを勝ち上がることはできないようになっているのだが・・・・。
そうした掟(人によっては、「データ=過去の戦績」と呼んでいる?)をいとも簡単に打ち破って勝ち上がるのが、つねに社台グループの馬だったのである。

いまは、サンデーもそれと同じになったとはっきり言うことができる。
考えてみれば、サンデーも、れっきとした社台グループの身内だからだ。

社台グループの総帥、故吉田善哉(氏抜きで書かせていただく)と妻吉田和子(現在も馬主)に、3人の男児があって、
・長男が照哉(社台ファーム・個人馬主。妻千津も個人馬主)
・次男が勝巳(ノーザンファーム。妻和美も個人馬主)」
・三男が晴哉(社台レースホース)である。
そして、ノーザンファームの勝巳の息子が俊介で、彼が、サンデーレーシングの代表者なのだ。

G1を含め、社台、サンデーグループに所属する馬が、年間にどれくらいのレースを勝ち上がっているのだろう。
社台グループから育った血統馬が、サンデーに流れていくのはわかるが。

新馬~G1の伝説を作ったジョワドヴィーヴルが、来年の牝馬クラシック路線の王道を歩むことは決まった。
彼女をはばむ馬がどれくらい登場してくるのだろう。

それはともかく、サンデーの馬には、これから、真の意味で一目も二目も置いて「あれこれ」考察していく必要がある。


今週も、ブログを休むかもしれません。



にほんブログ村 競馬ブログへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

今週のブログは休みます。

「Z作戦」は、当日の午前11時ころのオッズをチェックして検討しなければなりません。
私用のため、今週の土曜日、日曜日のブログは休みます。

前回の、「Z馬の定義とG枠、H枠」のエントリをお読みいただき、A枠、G枠、H枠にZ馬が入ったレースに参加するということにすれば、むやみに点数が広がることはないと思います。

もちろん、外にいてもケータイでオッズはチェックできるし、馬券も購入できるけれど、ブログを書いている時間がないということで・・・・・。


幸運をお祈りします。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

「Z馬」の定義と「G枠」「H枠」

「Z馬」とは、何度も書いてるのだが、午前11時頃の単勝オッズをチェックし、8~11番人気で、単勝20倍前後を示しており、それより下位の馬とは断層(開き・・・・例えば19.8倍で、その次の馬が28倍と開きがある)が見られる馬のことである。

時には、アタマに来ることもあるが、多くの場合、2着、3着に入って波乱を演出する。
ギャンブルビジネスのJRAが、波乱のレースを演出するときの「役者」である。
本命サイドのレースだけでは、お客さんを喜ばすことができない(ギャンブルビジネスを継続できない)ので、JRAはこうした波乱のレースを演出している(が、いくつかあるパターンのうちの一つである)。

「Z作戦」は、Z馬から、人気上位(6頭)との馬連、3連馬券を構成して、波乱の馬券をすくい取る手法である。

Z馬は、どの枠にいてもいいのだが、A枠(1番人気の枠)、G枠(枠の人気で7番目)、H枠((番人気枠)に入ったときに、積極的にねらっていきたい。
A枠に入ったときには、1番人気の馬とのぞろ目、さらに、1番人気の馬が消えたときに代役をつとめる役を負っている。

昔は、枠連の頃でも、穴馬券をとるのがむずかしかったのだが、穴をあける馬は(当然のように)G枠、H枠の馬だった。
ただ、その取捨の判断がつかなかったのだ。
とんでもない人気薄の馬が飛び込むことはいまでもままあるが、多くの場合、G枠、H枠にZ馬が入ったときに、その馬が激走して波乱を演出する、といまは言える。
「Z馬という指標」で枠を見て、G枠、H枠に入ったら、積極的にねらっていこうというのは、そういう意味である。
Z馬は、「単勝20倍」が一つの目安なのだが、経験から、20倍からはずれても、G枠、H枠に20倍台の馬がいる場合は、「注意」しておいたほうがよい。

昨日の、阪神12Rの①ジョーメテオがそうだった。
⑫アグネスミヌエットが19.8倍でZ馬だったが、①の単勝オッズは26.8倍で「G枠」、「単枠」(15頭立てだから)だった。
馬連は、1番人気との組み合わせで4530円(3連馬券は、3着にブービー人気の馬が飛び込んだために大波乱となってしまった)。

きょうは、「わかりやすいZ馬」が多い。
単勝オッズ20倍前後を示し、その次(下位)の馬との断層が大きいのだ(20.1倍の次が30倍以上・・・・)。

中山9R「霞ヶ浦特別」は、各枠にバランスよく散ったために、7番人気の⑭マスターソムリエが21.0倍でG枠、⑦コスモイーチタイムが、24.6倍でH枠となった。

中山10R「市川S」は、⑨ロードバロック(田辺)となり、A枠に同居した。
A枠に同居した場合は、A-Z-Zのパターン(Z馬に近い馬を連れてくるケース)にも注意しておこう。

中山11R「ターコイズS」は、牝馬のハンデ戦なので波乱が期待できる。
3枠に、10番人気のクリアンサス、11番人気のレジェトウショウが同居した。
こういう場合は、ぞろ目も1枚おさえておく(*-Z-Zのパターン)。

阪神のメイン「ジャパンカップダート」は、Z作戦で参加できるパターンにない。

阪神10R「ゴールデンブーツT」は、⑥サクラキングオーがB枠に同居した。
⑫セレブリティが、14.9倍ながら、8番人気で「G枠」となった。

小倉で参加できるのは、11R「下関S」。
⑩マッキーコバルト(秋山)が「G枠」、⑪ケンブリッジエル(上村)「「H枠」のZ馬となった。

きょうも参加できるレースは五つ・・・・二つか三つ、来てくれそうな気がする。

せっかくエントリを書いても、なかなかアップされない、きょうはどうだろうか。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

餅つき競馬始まる

正月の餅代をかせぐために、暮れの中山に攻勢を仕掛けてくる厩舎がいて、馬券が荒れる・・・・ということで、昔は、師走の競馬はこう呼ばれていたものなのだが・・・・。

午前中から、馬券は波乱傾向にあるが、午後はどうなのだろうか。
残念ながら、きょうは阪神のメインレースはZ作戦でねらえるパターンになっておらず、他のレースも頭数やオッズの関係で参加できるパターンのレースが少ない。

中山11R「ステイヤーズS」は、ネコパンチ(田辺)となった。
田辺は、今年は騎乗ぶりに一皮むけた感があり、ひそかに期待していたのだが、ここ数日は騎乗停止になっていた。
停止があけて乗ってきた暮れの競馬は、目が離せないと思う。
安勝さんのビートブラックが1番人気。
騎乗数は少なくても、淡々と乗って、来るべき馬はきちんと馬券に持ってくる・・・・この人にも、目が離せない。

中山12Rは、⑤エクレウスがH枠のZ馬となったが、A枠に9番人気のZ馬候補④アイアンデュークが同居しているので、③オメガブルーラインとのぞろ目、あるいは代役、そしてA-Z-Zのパターンも考える。

阪神10R「ゴールデンサドルT」は、⑬メルシーヨーク(蛯名)がB枠に同居した。
⑥リアルハヤテ(川田)が、24.4倍でH枠のZ馬候補となった。

阪神の競馬は、外人騎手が参戦しているので、まぎれがありそうだ。

阪神12R「GブライドルT」は、⑫アグネスミヌエットだが、鞍上は外人騎手で・・・・。
①ジョーメテオが27倍でG枠なのだが、これも外人騎手で・・・・。

小倉11R「岩国特別」は、④リアライズキングがG枠のZ馬。

というわけで、きょうは、参加できるレースが五つとなってしまったが、これくらいがちょうどよい。




にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。