So-net無料ブログ作成

GⅠへのステップ・・・・「中山記念」

すでにリアルインパクトのようなGⅠ馬もいるが、後のGⅠへのステップレースになるのが「中山記念」。
勝ち馬だけでなく、このレースに出走していた馬が後に重賞レースでよく活躍するので、今年の出走馬もよく記憶しておきたい。


トゥザグローリーが2倍のダントツ人気になっては、この馬からの馬券構築に妙味はない。
入れ込んで買うレースではない。
トゥザグローリーを含めて、リアルインパクト、フィフスペトルと、キャロットファームから3頭出ているし、頭数も少なく、Z作戦で参加できるパターンになっていないので、この馬が勝てないシーンを考えて他の馬からの馬単を試してみるか・・・・。


「阪急杯」は「高松宮記念」へのステップレースの位置づけだが、あまりぴりっとしたメンバーでなく、オッズ的には18.9倍で8番人気のオーセロワがG枠のZ馬となった。
出走前までに、⑬ドリームカトラス(デムーロ)とZ馬の位置が入れ替わるかもしれない。
ここまで(8番人気)の馬同士で決まるか、あるいはもっと人気薄が飛び込んで波乱となるか・・・・。

昨日、波乱となったレースでは、やはりG枠、H枠の馬が激走していたので、きょうもこの2つの枠にいる馬には注意したい。


中山10R「ブラッドストーンS」は、Zゾーンに数頭がひしめいている。
B枠に同居した9番人気のシセイオウジ、10番人気のカフェマーシャル、11番人気でH枠となったウララカ、そしてG枠に入った8番人気のエーシンリードオーと12番人気のカフェレジェンドまで。
昨日はこのパターンで、人気サイドで決まってしまったが、人気サイドの馬とどうフォーメーションを組むかがポイントだと思う。
もう少しオッズのチェックが必要だ。


中山12Rは、1番人気から8番人気の馬までが、きれいに各枠に散った。
つまり、H枠に入った②オルクスでさえ8番人気で10.5倍。
そして、他に10倍台、20倍台の馬が存在せず、9番人気の馬は一気に32倍となる。
こんなケースはめずらしく、もちろん、20倍前のZ馬も存在しないので、判断に迷う。


阪神10R「伊丹S」はハンデ戦で、ハンデが増量されたのはここ3戦、14着、11着、10着で、3走前のハンデ戦「花園S」より1キロ増量された②テイエムドンマイ(33倍で13番人気)・・・・なぜこの馬が?。

Z馬は、⑩シルクダイナスティ(松山)だが、G枠はに25倍のキティ、28倍のトウショウクエスト、さらに、1番人気のグラッッツィアの枠に26.7倍のタナトスが同居しているので、これらも候補となる。


阪神12Rは、C枠に入った⑬サルジュ(9番人気、デムーロ)が候補の一番手。
ただ、8番人気の⑩ラディアーレ(和田)が17.5でG枠となったので、この枠も押さえる。

きょうは、候補が数頭いて、「これがZ馬」と明確に指名することができないレースが多い。
今後のケーススタディとなるので、どのようにおさまるのかしっかり見届けておきたい。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

アップできず。

1時間前に書いたブログがアップできない。
毎度のことで、困った・・・・。
ソネットは、アップの遅延の改善につとめると言っているが・・・・。
数分ならともかく、1時間なんて・・・・頼みますよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

中山、阪神が始まって・・・・

今年も、皐月賞が行われる中山、桜花賞が行われる阪神が開催となった。
3歳競馬に目が離せなくなる。

きょうは、13頭立てのレースが多く、固いのか、波乱なのか、判断がつきにくい。
「これ」といったZ馬がみつからず、20倍前後で混沌としている。
オッズのチェックが必要。

中山8Rは、④ナンヨークイン(江田、C枠)。
⑤ウォンビーロング(北村)が10番人気でH枠なので一応注意。

中山10R「アクアマリンS」はハンデ戦で、Zゾーンに数頭がひしめいている。
⑩トップオブピーコイ(武)、⑬バクシンカーリー(木幡)、プリンセスメモリー(北村)、④ヤサカシャイニー(田中)あたりで、10~13番人気の馬。
10番人気ながらプリンセスメモリーがH枠となった。
オッズのチェックが必要。
ハンデが増量されているのは⑦ハノハノ(内田、1キロ、2番人気)と⑫マイネショコラーデ(松岡、こちらは2キロ、3番人気でA馬のキングレオポルドの枠に同居)。
ハンデ戦で一筋縄でいきそうもなく、前述の人気薄の馬から、この人気上位の3頭に絡める馬券でどうか。

中山11R「千葉S」は、13頭ながら、9番人気のシゲルソウウン(蛯名)、サウンドアクシス(松岡)が同居して、4枠がG枠となった。

中山12Rは、ヤマノラヴ(後藤)がG枠のZ馬となった。

阪神9R「千里山特別」も、13頭立てながらZゾーンに数頭がひしめいている。
②ヴィーヴァギブソン、③ベンジャミン、⑦テイエムシバスキー、⑩マイネルガヴァロン(H枠)あたりで、オッズはどう動くだろうか。
テイエムシバスキーは、2走前(休み前)の高雄特別でZ馬となったが出遅れて競馬をしていない・・・・ということを「MY注目馬」のメモに書いた馬。
前走は休み明け・・・・川須騎乗で一発があってもおかしくないと思っているのだが。

阪神12Rも、川須騎乗の⑤トップブカハラがH枠のZ馬(10番人気)。
この3枠には、11番人気のテンシノマズル(ピンナ)も同居しているので、2頭一緒に要注意だ。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

フェブラリーSは見るレース?

昨日の東京の12R、G枠、H枠にいないのでという理由でZ馬を上げなかった。
本命サイドと見たが、なるほど勝った馬は1番人気のカルドブレッサ(福永)だったが、2着、3着に(本来ならZ馬として上げていたはずの、トーセンジャガー、バウンシングライトが入って、要するにA-Z-Zの馬券。
Z馬が2頭いる場合は、A-Z-Zの3連馬券は1枚おさえておく必要があると思った。
きょうも、そういうパターンが見られるので・・・・。

せっかくのGⅠレースなのだが、「フェブラリーS」は、Z作戦で参加できるパターになっていない。
固そうに見えて、そうでないかもしれない本命サイドの馬券に多くを投じる必要はなく、馬券は、ほかの、波乱が期待できるレースに注目することにしよう。

東京10R「アメジストS」はハンデ戦。
①ヴァンダライズがG枠の、⑤マイネソルシェールがH枠のZ馬となった。
A-Z-Zを忘れないようにしよう。

東京12R「金蹄S」は、20倍前後に4頭がひしめいている。
①ヒラボクビジン、⑫ドットコム、⑬アイノカゼ、⑮チョイワルグランパで、いずれもがG枠、H枠になりうる。
もう少しチェックが必要。

京都9R「乙訓特別」は、③モスカートローザ(浜中)だが、24.9倍でB枠に同居した⑩アルーリングムーン、27倍でG枠となった⑯レッドボルサリーノにも注意。

京都10R「河原町S」は、②フィールドシャインがG枠。
⑩オースミシージーがA馬⑨メイショウマシュウと同居したので、⑨が消える可能性とA-Z-Zのパターンもおさえておこう。

京都11R「洛陽S」は、②オートドラゴンがG枠となった。
④ロビンフットが、どういうわけか、昨年夏の休養前のハンデ戦よりも2キロも増量されているのだが・・・・どう考えたらいいのだろう。

京都12Rは、G枠となった5枠にスズカローゼ、アーリーデイズ、F枠ではあるが7枠にブルーデジャブ、エーシンジェイワンが同居しており、いずれもZゾーン(単勝20倍前後)の馬で、今後もチェックが必要。
うまく馬券に組み込みたい。

というわけで、参加するレースは6つだが、最終レースを含めて、いくつか来てくれそうな気がする。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

まだアップできず

どうしたんだろう、困った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

今年初のGⅠの前日で・・・・

明日は、今年はじめてのGⅠ「フェブラリーS」。
GⅠに昇格する前、2流の重賞「フェブラリーハンデ」などと呼ばれていた頃がなつかしい。

GⅠ前日は、大花火が打ち上がるものなのだが、日本列島はすっぽり寒気に包まれていて、そんな雰囲気にない。
トランセンドのダントツ人気で、馬券的にも盛り上がらなくて・・・・どうなるのだろう。

先週もそこそこZ馬が飛んできて、取れればそこそこの配当になるのだが、きっちりと的中にもっていくのがなかなかむずかしい。
例によって、11時のオッズから、れそうなレースでZ馬候補をあげると・・・・

少頭数、3歳の競馬は参加しないので、東京11R「ダイヤモンドS」から。
ハンデ戦で、過去10年間で7回も9番人気以下の馬が馬券圏内に食い込んでいる。
単勝30倍台から50倍台までの馬までが絡んでいるので、ピックアップがむずかしい。
10番人気リッカロイヤル(内田)、11番人気コスモヘレノス(柴田大)が同居してG枠となった6枠から入りたい。
1番人気ギュスターヴクライの8枠に8番人気のトパンガ(デムーロ)が同居したので、ゾロ目も必要か。

東京12Rは、G枠、H枠にZ馬がおらず、本命サイドでおさまりそう。

京都8Rは、⑬エルウェーオージャ(国分恭)がH枠のZ馬となった(G枠は、9、10番人気が同居した3枠)。

京都10R「琵琶湖特別」はハンデ戦。
⑨トウショウデザイア(高倉)がG枠のZ馬となり、かつ、前走のハンデ戦から1キロ増量されたので注意。
もう1頭の増量馬はトウカイパラダイスで、こちらは2番人気となっている。

京都11R山城Sは、1京7日の「伏見S」の再戦の様相。
伏見Sはハンデ戦で、Z馬候補だったアグネスウィッシュ、ツルマルジュピターが2、3着に激走して波乱となった。
その2頭が、前走の成績を買われて? 1、2番人気になっている。
こういうケースは疑ってかかったほうがよい。
(ただ、ツルマルジュピターは、前走、人気がなかったが、トップハンデ馬だった)。
むしろ、前走、人気で負けたタガノラヴキセキ(きょうは3番人気)、シャイニーホーク(きょうは4番人気。アグネスウィッシュに同居しているので、代役の可能性?)あたりに注目すべきではないか。
一応、ホットチリペッパー(宮崎)がG枠、ハノハノ(北村)がH枠のZ馬となっている。

京都12Rは、⑬タガノリベラ(和田)がH枠のZ馬。
③セイプロスペリティがG枠のZ馬なのだが、こちらは6ヶ月半の休み明けで・・・・。

きょうも1つ、2つ来てくれることを・・・・。


にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

JRA、きょうのオペレーションは?

朝から、どの競馬場でも、3着に人気薄の馬が突っ込んで「3連馬券」が荒れている。
このパターン、午後も続くのだろうか。
馬券の生起には、1日、週、開催を通じて「流れ」がある。
昨日も書いたように、その流れ(JRAのオペレーションの兆候)を早くつかんで、うまく乗ることが肝要だと思う。

それと、小倉で、川須の勢いが止まらない。
すでに、1、2レースを連勝しており、きょうはすべてのレースに騎乗している。
いま(10時半)の段階で、6RにZ馬アフィントン(10番人気、19.8倍)に乗っているが、どうなるか。
午後も、彼を除いた馬券は考えられないのではないか。

東京では、(昨日も書いたように)田辺裕信に注目だ。
昨日は、「調布特別」でA枠のZ馬モーニングフェイスを持ってきたし、きょうも、いま2Rで9番人気の馬で勝ち上がった。
ほかにも、3R、8R、12RあたりにZ馬候補に乗っている。
昨年、重賞を3勝して、年間100勝を達成し、完全に一皮むけたようで、今年は彼に注目している。

いま、京都の2Rが終わったが、福永騎乗の断然一番人気のウインオーラム(1.5倍)が直線伸びず、同枠の人気薄シンボリエクレール(浜中、26.5倍)が勝った。
昨日の、「A枠に同居した人気薄の馬の起用」はきょうも続いているのだろうか。
きょうも、A枠の同居馬には注意が必要だ。


ここからは、午前11時のオッズを見てからの記述になる。

東のメインは「共同通信杯」。
3歳の競馬で、頭数も少ないので、Z作戦では参加できなパターン。
ディープブリランテのレースぶりを拝見しよう。

西のメイン「京都記念」も、GⅡレベル以上の馬が出走してきたが、ここも頭数が少なく、Z作戦では参加できない。
ダークシャドウが押し出された形の1番人気。
浸け込むスキはないだろうか。

午前中にも書いたように、東京8Rには、田辺騎乗の⑧クリールタイラントがZ馬。

東京9R「大島特別」はハンデ戦で波乱が期待できる。
Z馬は、B枠(トップハンデのガムラン=三浦)に同居した⑫ブレイクチャンス(武士沢)。
B枠でも、ゾロ目、代役の可能性を考える。

東京10R「雲雀S」は⑦ドリームピーチ(F枠)と⑪ピースピース(蛯名。G枠なので注意)。

東京12Rは、①ミスターマスタード(嶋田)だが、A馬のミエノゴーゴーが1倍台の断然人気。
ただし、馬連のオッズは2着争いの様相で、ヒモがもつれる可能性もある。

京都9R「大津特別」は、過去にもZ馬になったことがある⑮トップコマチ(和田)。
単勝の1番人気は⑫ビタースウイートだが、馬券は2番人気の③エンリルから売れている。
この枠には3番人気のキャッツインブーツも同居しており、軸はこの2枠か。

京都10R「飛鳥S」は、8番人気までが1ケタ台と、オッズ的に大混戦模様。
しかも、G枠、H枠に入ったZ馬はおらず、6番人気枠までの中におさまっている。
9番人気のタガノエルシコが14.3倍では、純然たるZ馬といえない。
枠は固く、連は波乱・・・・という形になるのだろう。

京都12Rは、⑨テルミーホワイ(国分優、9番人気)。
この5枠には、その次の10番人気で28.6倍のメーブルデイビー(和田)が同居しているので、2頭一緒にこの枠注意。

小倉9Rは、馬連の1番人気が17.3倍から、3連単が186倍から始まる大混戦模様。
こういうレースはモノにしたいなあ。
10番人気の⑨トウカイソニック(村田)が、A馬のエバーグリーン(川須)と同居した。
昨日のパターンのように、川須が消えるのか、それともゾロ目か。
⑭ユキノサイレンス(国分優)が、23.0倍でG枠なので注意。
川須が消えることを祈りながら、A-Z-Zの馬券も考慮しておく。

小倉10R「牧園特別」は⑭メイショウピゴット(F枠)、⑮メイショウスピード(G枠)と、メイショウの2頭となった。

小倉11R「桜島S」は、⑩カスガ(国分優)と⑪アグネスミヌエット(鮫島)。

小倉12R「開聞岳特別」はハンデ戦。
このレース、④アルーリングライフ(村田)がA馬サカジロロイヤル(国分優)の枠に同居した。
さらに、10番人気のグレナディーン(上村)が20.4倍でH枠となった。
つまり、A枠とH枠にZ馬候補が存在するわけで、A馬を消した馬券と、A-Z-Zの組み合わせの両方を考えるべきだ。

改めて眺めてみると、小倉は、国分優作と村田一誠がほとんどのレースにからんでいることがわかるが、はたしてどうなるだろう。

というわけで、きょうも「Z馬がいっぱい」となってしまった。
2つ3つ来るかもしれないし、まったく来ないかもしれないし・・・・てなことはないと思うけれど。さて、どうなりますか。



にほんブログ村 競馬ブログへ

小倉12R「開聞岳特別

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

「A馬の代役」というオペレーション

いやはや、驚いた。
いつも、Z馬は、G枠、H枠、そしてA馬(1番人気)の枠に同居したときに積極的にねらっていくことにしているのだが・・・・。

そして、A枠にZ馬が同居したときには、「ゾロ目、代役を考えよう」としつこいくらいに書いてきたのだが、きょうは、その「代役」のパターンがこれでもかという感じで出現した。

東京9R「調布特別」では、モーニングフェイスを、「A枠に同居し、田辺だから」と推奨したが、この馬が勝ち、1番人気のイチブンが飛んで、馬連18650円、3連複48030円。

東京10R「銀蹄S」(ハンデ戦)も、A馬のヤマノサファイアに同居したトウショウブリッツが勝って、馬連8600円、3連複32990円。
ハンデが増量されたので要注意としたブラッシュアップが3着。

京都12Rも、1番人気ラガーリンリンの枠に同居したオートオブビーンが2着となり、馬連21060円、3連複36040円。

さらに小倉11R「高千穂特別」は、Z馬として推奨したツルミプラチナムが1着で、相手が人気薄だったので馬連60940円、3連複259330円と大爆発。

京都のメイン「アルデバランS」では、ハンデが増量されたタマモクリエイト(大庭)が3着に食い込んだ。

きょうは、1番人気の馬が消えて、そこに同居した「Zゾーン」の馬が激走するというオペレーションをJRAが採用したのだった。
こういうケースは年に何回もないのだが、1日を通じて「同じパターンのオペレーション」が続くという光景はよく見られる。
対応策としては、そういうパターンが見えたら、次から、そのパターンを馬券構築に織り込むこと。

また、いつも書いているように、ハンデ戦で、前走のハンデ戦に出走していた時よりもハンデが増やされている馬は要注意である(きょうは、2つのレースで飛んできた)。
つまり、「ハンデキャッパーに見込まれた馬」であるからだ。
ハンデが増やされたら、「走ってもいいよ」というサインをもらったと考えるべきなのだ。

というわけで、きょうはZ馬が激走した1日だった。
だからといって、明日、走るかどうか保証できないところがZ作戦の痛し痒しノ部分・・・・。
入れこまず、システムにしたがって、淡々と参加することにしよう。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

きょうもG枠、H枠から・・・・

先週は、「東京新聞杯」でZ馬候補のガルボが、勝ってしまった。
こういう馬をWIN5で買えるかどうかがポイントになるのだが、Z馬という視点を持てば十分にねらっていける。

きょうのメインは3歳牝馬の「クイーンカップ」。
春のクラシック路線を占う上でチェックしておくレースだが、Z作戦ではねらえない。
Zゾーン(単勝20倍前後)にいて、穴を明けそうな候補としては①ハイリリー、④エミーズパラダイス、⑬プレノタートとなるが・・・・。

11時20分のオッズからZ馬候補をあげると

東京9R「調布特別」は⑨コンカラン(G枠)。
A馬のイチブンに同居した⑦モーニングフェイスも20倍台で、田辺なので・・・。

東京10R「銀蹄S」はハンデ戦。
⑧キングオブヘイロー(田辺)がH枠のZ馬。
ただ、A馬の②ヤマノサファイア(内田)の枠に同居した①トウショウブリッツも20倍台なので、ゾロ目、キングとのA-Z-Zの組み合わせも押さえる。
⑮ブラッシュアップが1キロ増量されたので注意。

東京12Rは⑫ヤマニンアストレア(F枠)と、⑮ガリレオシチー(G枠)。

京都11R「アルデバランS」はハンデ戦だが、オッズ的にはZ作戦でねらえないレース。
⑪タマモクリエイト(大庭)、⑭ピースキーパー(四位)、ナニハトモアレ(安勝)が1キロ増量されているので注意だ。

京都12Rは、③レインボーローズ(秋山、G枠)と⑭トップオブザヘヴ(津村、H枠)。

小倉9Rは、Z馬候補の2頭、①シルクリンカーン、②リネンタキシードが1枠に同居して「H枠」となったので、ここから。

小倉11R「高千穂特別」は、⑦ツルミプラチナムがG枠のZ馬。
オッズ的に、この馬より下位にいてB枠に同居した⑮アフォリズム、C枠に同居した③メイショウイチバンも候補となる。

小倉12R「八代特別」は、③メイショウデューイ、④セルリアンレッドの2枠の2頭。

G枠、H枠のZ馬もいるが、他の人気馬の枠に同居した馬もいる。
3連馬券にうまく組み込みたい。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

「G枠のZ馬」がいっぱい!

昨日は、3時になってもブログがアップされず焦った。

「小倉大賞典」は、G枠の指名が間違っていた(スマートギアはF枠だったのだが)。
ところが、そのスマートギアが2着に入ってきて、波乱になって皮肉な結果に・・・・。

東京の12Rは、断然1番人気のサトノデートナの同枠の10番人気のハンマープライスが3着に入った。
オッズの倍率に関係なく、10番人気あたりなら、やはりA枠に入った馬は要チェックということになる。

さて、きょうは春のクラシック(とくにダービー)につながる「きさらぎ賞」。
昨年は、菊花賞にもつながる馬が出走していたので、今後を占う意味で、このレースはきちんとチェックしておきたい。
Z作戦では参加しないけれど、一応、プレミアムブルー(幸)が10番人気でZ馬の位置にいる(D枠=つまり、4番人気の馬の枠に同居)。

その他のレースでは、ほとんどのレースに「G枠のZ馬」が存在する。

東京10R「早春S」は、メイショウドンタク。

東京11R「東京新聞杯」は、昨日の前売りではガルボだったが、きょうは⑪スマイルジャック(横山)となった。
この馬は、A馬のダノンシャーク(内田=5.1倍)と同居しているので、ゾロ目、代役の可能性を考える。
ガルボとのA-Z-Zの馬券もおさえる。

東京12Rは、⑧クラリスピンクだが、これはF枠。
①ユメノトキメキが31.5倍と微妙な倍率でG枠なので、大穴ならここまでおさえる。

京都9R「宇治川特別」はハンデ戦。
7枠にA馬のアルティシムスとB馬のマイネルロガールが7枠に同居したので、この枠が軸。
そして、⑨モトヒメ、⑩ルナフライトの8,9番人気の馬が6枠に同居して「G枠」となった。
どちらかが来る可能性が高いので、うまく馬券を構築したい。

京都10R「橿原S」もハンデ戦。
20倍を超えたあたりにいる⑬キョウエイカルラ(22.5倍、G枠)、アヤナルベルス(22.8倍、H枠)が候補となる。

京都12Rは、⑬ツリーオブホープ(国分優)でG枠。

小倉12R「背振山特別」は、⑦マヤノクレド(松田)なのだが、これは21.5倍ながらC枠の馬。
その上にいる②インプレッシブデイ(中舘)が20.6倍でも「H枠」なので、こちらを注目する。

きょうは「G枠のZ馬」が多い。
何頭来てくれるだろうか。



にほんブログ村 競馬ブログへ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。